先生!
作者名 :

1巻配信中

価格 885円 (税込)

「先生!」――〈この言葉から喚起されるエピソードを自由に書いてください〉。池上彰さんの呼びかけに、学校現場で教えている人、作家、医師、職人、タレントなど、各界で活躍の28名が応えた。いじめや暴力問題にゆれ、“上からの”教育制度改革が繰り返されているけれど、子どもと先生との関係は、かくも多様で、おもしろい!

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
250ページ
電子版発売日
2013年09月20日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

先生!

Posted by ブクログ 2016年04月16日

様々な人が「先生」について書いているとのことで、読む前は出会ってきた先生について書いている本なのかな、と思ったが、様々な立場や視点から書かれていたから面白かった。中には涙が込み上げてくるものもあった。

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2015年01月14日

みんなにとっての「先生」ってどんな存在だろう?「先生!」というキーワードを必ず盛り込んで、という条件のもとで書かれた、それぞれの先生にまつわるエピソードを纏めたのが本書。
自分は今、先生になることを目指している。思えば学生時代、誰もが必ず「先生」と関わり、しかも長い時間を共に過ごすことになるのだから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2014年03月17日

○池上彰取りまとめの各界の有識者(?)が「先生!」をテーマにしたエッセイ集。
○知っている人、知らない人がいたが、どれも個性的で、大変面白い一冊。
○教師を目指している様な人は、ぜひ読んだ方が良いと思う。

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2013年09月16日

「先生!」というテーマで作家、映画監督、研究者、教師など27名が書くエッセイ集。

稲泉連(ノンフィクション作家)が紹介しているスギセンはとっても魅力的。とくにテストに点数をつけず、丸か花丸のみ。保護者からの抗議には「子どもたちは花丸が大好きなんです!」と言い放つ。「小学校を卒業すれば、ずっと厳しい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2018年10月03日

あらゆる分野の著名人が自身の「先生」について語る本

教育の原点とは、「自分が自分であること、社会の中の一員であることを認識できる力を身につけてもらうこと。」
「自分が獲得した言葉を使って自分を表現して欲しい」

私にとっての教育の原点はここだ。そして、そんな先生になりたい。

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2017年01月22日

いろんな方面で活躍中の27名が、「先生!」から喚起されるエピソードを語る。
こういった企画は、編者の力がモノをいう。面白い。
なかで李相日監督の「知りたいのは未来だった」は泣ける。学校や先生は、これに応えられる存在であって欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2016年02月01日

客観的に学校や先生を見た意見に励まされたし、勉強になった
この中で市川力さんという方が書かれたものは、『俺は普通の先生じゃない、形にとらわれない教育で子どもを指導できる優秀な人間だ』というようなことがひしひし伝わる内容で、こういう先生にはなりたくないと思った よい反面教師となった

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2014年01月14日

池上彰氏が呼びかけ、多種多様な分野で活躍している著名なスペシャリストたちが「先生」をテーマに語ったエッセイ集+対談。広い視野、様々な角度から固定観念を超えて、教育を考えることができる。1つ1つは短くて読みやすいのだが、中にはもっと深く読んでみたいものもあった。

中でも印象的だったのが、山口香氏の「...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

先生!

Posted by ブクログ 2013年11月26日

著名人の思い出に残る先生がどんな人たちだったのか。自分の教師像の参考にしたいと思い読んだ。テストはマルかハナマル、太陽系を生徒達に役割分担することで勉強させる先生が印象的だった。

このレビューは参考になりましたか?

先生!

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月22日

いろんな人たちがそれぞれの先生観を綴っているので興味深かった。短くて読みやすいが、もう少し読みたかったという話もあった。

このレビューは参考になりましたか?