わたしは病気なのだ。『女』という病気なのだ。“男性”しか存在しなくなったはずの世界に発生した“女性”という怪異――。世界で二人目の“女性”おちば様は、最初の“女性”のばら様が世界中にまき散らした災いと幸福の種を拾い集め、いくつもの“性”と対峙していく。軋んでいるのは、破滅の予兆か、新しい社会の胎動か――。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社BOX
ページ数
408ページ
電子版発売日
2013年09月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

のばらセックス

Posted by ブクログ 2012年01月24日

予想以上にエロくて予想外にぐちょかった。”性”の問題を取り扱ったというのだけれど、あまりにも奇抜すぎてちょっとよく分からない(笑)。しかしそれなりに面白い。っていうか面白いよこれ。”愛”の物語だね。

このレビューは参考になりましたか?

のばらセックス

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年11月29日

タイトル直球でえろい。バイオレンス。SF。
アウトかセーフで言ったらもろにアウト。

だがえろいのは好きなのでOK。
筆致は日日日らしい。

このレビューは参考になりましたか?

のばらセックス

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年06月09日

女性が唯一自分しかいない世界ってのはある意味地獄だろうか。
男同士で恋したり子供産んだりとかBL好きにはたまらない世界観かもなとw

辛い状況にもめげずに頑張るおちばちゃんの成長がなかなかに見所か。

相変わらず筆者さんのそれが心配になる家族関係というか何と言うか・・・。

このレビューは参考になりましたか?

のばらセックス

Posted by ブクログ 2013年05月16日

えーと、性をテーマにしたSFを・・・みたいなことが後書きに書いてありましたが・・・う~ん、ただの野郎向けエロ小説??あと挿絵も野郎向けですね。

このレビューは参考になりましたか?

のばらセックス

Posted by ブクログ 2011年12月06日

えーと、性をテーマにしたSFを・・・みたいなことが後書きに書いてありましたが・・・う〜ん、ただの野郎向けエロ小説??あと挿絵も野郎向けですね。

このレビューは参考になりましたか?