彼らはなぜそこまでして戦わなければならなかったのか――!?
「最後まで勝ち残った者はどんな願いも叶えられる」――その言葉にすがり、凄まじい戦いをくりひろげていく仮面ライダーたち。ナイト、ゾルダ、そして王蛇……壮絶な戦いに挑む彼らには、それぞれに悲しくて救いのない“戦う理由”があった――。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社キャラクター文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年09月20日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

小説 仮面ライダー龍騎

Posted by ブクログ 2018年02月06日

本編サブライターである井上敏樹氏による『仮面ライダー龍騎』の小説版。本編要素の再構成型の作品である。
本編においては劇場版にしか登場しなかったファム=霧島美穂と真司の関係性を大きな軸に起きながらではあるが、誰もが殺し合いを望むライダーバトルを止めようとする真司の奮闘を描くのは本編同様である。
TV本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説 仮面ライダー龍騎

Posted by ブクログ 2017年11月07日

著者井上敏樹ということで、多少EPISODE FINALに近い感じ。あと著者井上敏樹ということで、ごはんがおいしそう。

私はテレビ版においては浅倉と北岡の因縁が好きだったので、それが省かれていたのはちょっと残念。しかし代わりにゴローちゃんの病的かつ一切報われない愛がじっとり描かれていたので満足です...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説 仮面ライダー龍騎

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年06月18日

 戦わなければ生き残れない!
 仮面ライダー同士のバトルロイヤルを描いた、空前絶後の特撮ヒーロー、『仮面ライダー龍騎』のノベライズ。
 根幹の設定は原作と同じだが、細部はかなり異なっている。この細部の差異の幾つかが許せるものではなかった。まず真司が殺人を犯して激しい罪悪感に囚われないこと、蓮が優衣と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説 仮面ライダー龍騎

Posted by ブクログ 2013年11月07日

第一に子供の頃見てた龍騎のイメージで読むならおすすめしない。あくまでも繰り返してる世界の断片として読むべきだと思う。
かっこいい正義感に熱い主人公と、クールな第二ライダー、儚げなヒロイン、そのイメージは変わらないけれども、内容はわりかしショッキング。

まず、真司とファム、蓮とゆいのベッドシーンがあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?