十四歳。雨上がりの町で、ぼくは十八歳のセージと出会った。セージは歌い、叫ぶ。細胞のひとつひとつ、魂までも揺さぶる圧倒的な声で。自分のために。その彼が僕に向かって言った。微笑を浮かべながら。「なあ、弾いてくれよ」街に、旋律が流れ始めた――。破滅的なカリスマ性をもつヴォーカルと独創的なギタリスト、日本中を席巻した伝説のロックバンドの誕生、成功、そして崩壊までの激しい軌跡を描いた傑作長編。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2008年03月20日

内容(「BOOK」データベースより)
十四歳。雨上がりの街で、ぼくは十八歳のセージと出会った。セージは歌い、叫ぶ。細胞のひとつひとつ、魂までも揺さぶる圧倒的な声で。自分のために。その彼がぼくに向かって言った。微笑みを浮かべながら。「なあ、弾いてくれよ」街に、旋律が流れ始めた―。破滅的なカリスマ性をも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2007年01月11日

バンドマンの少年達の出会いからの物語が描かれています。節目節目の出来事は勿論ですがその水面下で自分達に起こっている変化を敏感に察知して綴られた今作は読み手をじっくりと引き込んでくれて大変面白かったです。どこか浮世離れしているのにすごくリアリティのある作品だなーと思いました。すっごい読みやすくオススメ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2006年03月10日

主人公のリンがギターをやってロックの頂点にたって、そして落ちるまでを描いてる物語。それだけなんだけど、やっぱりクセがあって、面白く読める。伝記を読んでる感じでしょうか…。リンがすごく好きです、きっと美少年なんだろうなぁ!(笑

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月24日

十四歳の僕は雨上がりの街で十八歳の破滅的なカリスマ性をもつヴォーカル、セージと出会う。その日から街に、旋律が流れ始めた。日本中を席巻した伝説のロックバンドの誕生、成功、そして崩壊までの激しい軌跡を描いたロックンロール小説。華やかなバンド小説だと思って読むと痛い目にあいます。どこが無国籍な感じの雑多で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2009年10月17日

当時子供は見ちゃいけない本だと思って弟が読まないように必死に隠してた記憶が。小説に免疫が出来てくるとそこまででもない内容なのに今考えるとおかしなことをしていた…。

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2008年06月30日

破滅的なカリスマ性をもつヴォーカルと独創的なギタリスト、日本中を席巻した伝説のロックバンドの誕生、成功、そして崩壊までの激しい軌跡を描いた傑作長編。
読むと、すぐに引き込まれてしまうこの魅力。最高

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2007年10月16日

読んでいて、変な汗が出てきた・・・。彼らが刻むビートは爽快なはずなのに、何だろうこの息苦しさと重苦しさは・・・。人間の美しい部分と醜い部分を描き出す作品。「800」と並ぶ川島誠の傑作です。

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2011年09月17日

フィクションだけど、
ロックスターの自伝ふうにかかれていて
私にとっては新鮮で面白かった。

あまり好まないシーンも多かったけど
読めてよかったなぁと思う。

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2007年05月30日

衝撃でした。さすが川島さん。最高。
800でその躍動感に感動しましたが、このロッカーズはまた違った感動をもらいました。
素敵すぎる。リンに激しい愛を感じました。

このレビューは参考になりましたか?

ロッカーズ

Posted by ブクログ 2006年05月28日

どことなくホモを感じる。暗くて乱れてて、同じ青春ものだけど、同作者の800読み終わった時の爽快感とかはない。何が伝えたかったのかもよくわからない。まあ、でも全体として悪くはない。

このレビューは参考になりましたか?