灼熱の夏が永遠に続く国ベトナム。ホーチミンを訪れた「私」は夏の国の男に出会う。彼は綺麗な南の地獄そのものだった――。名前も素性も知らぬまま、ただ享楽的なセックスに溺れるふたり。――床惚れ――セックスがよくて惚れてしまうのは男女が堕ちる最も苦しい地獄と天国なのかもしれない。『ぼっけえ、きょうてえ』の著者がベトナムを舞台に狂おしくも甘美な情欲の世界を描いた官能ホラー。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

楽園(ラック・ヴィエン)

Posted by ブクログ 2006年04月08日

岩井志麻子の楽園(ラック・ヴィエン)を読みました。チャイ・コイと同じようなベトナムを舞台にした官能小説でした。最後にホラーの味付けがしてありますが、ほとんどは日本の女性とベトナムの若い男性が愛し合うという物語でした。ちょっと、食傷してしまいます。

このレビューは参考になりましたか?

楽園(ラック・ヴィエン)

Posted by ブクログ 2005年06月05日

ホーチミンで出会った男と「私」のあれやこれやです。「私」ってぜったい志麻子さんだよなー。“かれの性器がいとしい”とかって、どこかのインタビューでも言ってたし。

このレビューは参考になりましたか?

楽園(ラック・ヴィエン)

Posted by ブクログ 2004年10月24日

似たような話を読んだ覚えがと思えば、同じ作家の「チャイコイ」と言う作品と題材が同じなんですね。
でもこっちは角川ホラー文庫ということで、ホラーの要素が少々加わっております。
(2003.6.9)

このレビューは参考になりましたか?