甲賀忍者、丸子笹之助は〈信玄暗殺〉の密命を帯びて甲斐に赴く。途中、常陸の鹿島に剣名の高い塚原卜伝を訪ね、その推挙を得て武田家に仕えることに成功する。だが、笹之助は信玄の侍女、久仁に熱い血潮をたぎらせ、密命と恋の板ばさみに陥る。上杉謙信との川中島大会戦前夜、笹之助に課せられた任務を知りつつ、それを許す信玄。その包容力と偉大さに感動した笹之助の背後に強力な甲賀忍者の群れが忍び寄った。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 夜の戦士(上) 川中島の巻
    通常版 1巻 669円(税込)
    甲賀忍者、丸子笹之助は〈信玄暗殺〉の密命を帯びて甲斐に赴く。途中、常陸の鹿島に剣名の高い塚原卜伝を訪ね、その推挙を得て武田家に仕えることに成功する。だが、笹之助は信玄の侍女、久仁に熱い血潮を...
  • 夜の戦士(下) 風雲の巻
    通常版 2巻 669円(税込)
    暗殺に失敗して武田信玄の器量と人格に心服した丸子笹之助は、忍者の掟に背き、信玄のために身命を賭して働くことを心に誓った。今川義元を桶狭間に討ち取り、京都の将軍・足利義昭の後見となった織田信長...

夜の戦士(上) 川中島の巻

Posted by ブクログ 2013年08月30日

いわゆる抜け忍が主人公
それを重用するというのは信玄だからこそ成せるわざか
武田信玄という男を語る一冊だろう

このレビューは参考になりましたか?

夜の戦士(上) 川中島の巻

Posted by ブクログ 2012年04月26日

忍びの視点からの戦国絵巻。裏切り者忍びがほれた武田信玄。実際はどうなのかわからないですが、大きな人物だったんだろうなー。跡継ぎ武田勝頼。自分のイメージだと、ひ弱な感じだったけど、ただの粗暴なやつとして描かれていた。そうなのかな?色々な解釈がなり立つからね。

このレビューは参考になりましたか?

夜の戦士(上) 川中島の巻

Posted by ブクログ 2012年04月19日

忍者モノですね
一時期この池波さんの忍者モノにハマりましたねー
内容を忘れてるから また読み直したいと思います

このレビューは参考になりましたか?

夜の戦士(上) 川中島の巻

Posted by ブクログ 2012年04月12日

甲賀の頭領、山中俊房の命を受けて、信玄暗殺を行おうとした忍びが信玄の器量と人格に心服して、信玄のために身命をかけて働く話。

物語の中心的核心をなしているのは信玄の軍事戦略だけど、主人公・丸子笹之助などの忍びの活躍ぶりもたっぷりと描かれていて忍びものとして楽しめる。また、彼が武田に潜入する方策として...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の戦士(上) 川中島の巻

Posted by ブクログ 2012年03月31日

池波正太郎の世界はどうしてこうも、揺るがないのだろう?

時代物とはいえども古さを感じて読めないものなんて、いくらでもある。
セリフ回しなのか?表現なのか?人物なのか?

人間臭いといえばあまりに人間臭い主人公。
時代物故にすでに読めている結末。
それなのにそれらがまるで無理なく積み上げられて、
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の戦士(下) 風雲の巻

Posted by ブクログ 2012年04月01日

主人公が仕える信玄の病状が進むにつれ、
話も少しずつ悲惨な方向に行くのは否めないか?

忍びが家庭を持ち、妻をめとって子をもうける。
それが彼らにとっては時に、足かせにもなる。

人間として、男として、夫として、信玄の足下として。
成長し、また苦労する笹之助。
甲賀忍者のやりとりや塚原卜伝との交流な...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の戦士(上) 川中島の巻

Posted by ブクログ 2010年07月20日

全2巻。
池波先生忍者シリーズ。
川中島の戦い〜信玄の死まで。

シリーズの最初になるのかな。
蝶の戦記の反対側。
武田側のお話。

後のシリーズの丹波大介を思わせる
青年忍者が甲賀裏切って活躍って感じ。

クライマックスがもう一声欲しかった。
これはこれで良いけど。
捨て子ギミックは個人的に少しや...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?