桃畑に囲まれたおだやかな田園に育った少女時代のかれんな恋から、東京でのはでめな恋まで、真理子の愛の旅路をたどります。喜劇というには哀しすぎ、悲劇というにはおかしすぎる青春の、ほろにがい想い出の数々。有名になることの心地よさを得た次は、テーマはやはり「愛と結婚」。衝撃のデビュー作『ルンルンを買っておうちに帰ろう』の続編として、大ベストセラーになった、輝くルンルンエッセイの第二弾。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

夢みるころを過ぎても

Posted by ブクログ 2007年01月25日

真理子の愛の旅路‐桃畑に囲まれたおだやかな田園に育った少女時代のかれんな恋から、東京でのはでな恋まで。喜劇というには哀しすぎ、悲劇というにはおかしすぎる青春のほろにがい想い出の数々…。

このレビューは参考になりましたか?