「私を成仏させてください」浪人中の榊原久馬の家にいる美しい幽霊・小夜は辻斬りの五人目の犠牲者だった。自分の仇を討ってくれと家に現れた彼女は、久馬の母とも意気投合し、彼の身の回りの世話もするようになる。だが、小夜は怨みを捨てず、仇を討たねば、榊原一族を呪い殺すという。(「影女房」より)剣に生き、剣に魅せられた下級武士の悲哀を描いた著者、新境地の傑作時代怪異譚。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

幽剣抄

Posted by ブクログ 2011年04月10日

最近の長編は肌にあわなくてしばらく読んでないけど、
短編の切れ味は今でも抜群。
この時代劇のシリーズは特に力が入ってるけど、
その中でも「影女房」の完成度は別格。

このレビューは参考になりましたか?

幽剣抄

Posted by ブクログ 2005年11月21日

怪奇短編時代小説。「影女房」は個人的にとても好きです。コミカルで読んでて思わず噴出した。オチもなかなか良かです。

このレビューは参考になりましたか?