ひとり暮しを敢行した私を引き戻そうと、あの手この手を使う古狸母。家では厳格、無愛想、外では裸踊りまでする破廉恥父。いつまでももてる美人母etc――。切っても切れない親子の縁を運命としてあきらめるか、反発するのか。親子愛の名の下で、くり拡げられるなんでもありの、家族ストーリー。おかしくってやがてホロリとさせられる、人気シリーズ第六弾!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

無印親子物語

Posted by ブクログ 2012年04月27日

毒のある親がたくさん出てくる。
実際、身近にはあまり出会わないが、群さんの作品に触れておくと、ワクチンのように、出会ってしまった場合、効いてくる。

このレビューは参考になりましたか?

無印親子物語

Posted by ブクログ 2013年09月30日

色々な親子がいる。
子供べったりであったり、全く放任主義であったり…
そんなハチャメチャな親子を描いた、心暖まり、また笑える一冊。

2013.9.30

このレビューは参考になりましたか?

無印親子物語

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月16日

無印シリーズの一冊。
タイトル通り、色んな親子が出てきます。
主人公は子供の立場だったり、親の立場だったり、孫の立場だったりとそれぞれ。

突如ダイエットのためスイミングスクールに通いだした母親とその娘。
子離れできない母親と一人暮らしを始めた娘。
スパルタ親父のもうひとつの顔を知った妻と娘。
突如...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?