意外と知らない「社名」の話
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

あの会社の名前はどのように付けられ、また変更されたのか。創業者名から、業務内容から、所在地から、主力商品から…?いえいえ、そんな分かりやすいものばかりではありません。あっと驚く面白エピソード満載の、現代ニッポン「社名伝説」「ネーミングストーリー」を一堂に。

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社新書
電子版発売日
2013年09月20日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

意外と知らない「社名」の話

Posted by ブクログ 2011年12月10日

専門家の人が書いた訳ではないのでやや浅めの内容。
銀行の社名の変遷とかは複雑すぎてすっとばしたくなるw
社名の由来を一通りさらう分には良いかも。
HMV = His Master's Voiceとか面白い。

このレビューは参考になりましたか?

意外と知らない「社名」の話

Posted by ブクログ 2013年06月05日

 聞いたことあるような内容ばかりなのが残念。この手の内容の本はいかに新鮮なネタを仕入れるかにあると思うがそれが一番難しいということも考えると仕方のない事なのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

意外と知らない「社名」の話

Posted by ブクログ 2012年09月26日

社名の由来を調べた一冊。雑学として知っておいてもいいし、就活生や社会人は会社の知識として覚えていると役に立つかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

意外と知らない「社名」の話

Posted by ブクログ 2011年06月04日

[ 内容 ]
あなたが創業した会社に名前をつけるなら、どうするか。
通常は、業務内容だったり、あなたの名前だったり、会社の所在地だったりするだろう。
あるいは、ストレートに主力商品を冠するか。
が、世の中を見渡してみると、それだけでは判別のつかないものが少なくない。命名者たちは、社名の“数文字”にど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

意外と知らない「社名」の話

Posted by ブクログ 2009年10月31日

「三菱鉛筆は三菱グループではない」
「ライオン(LION)はNO17を逆さにして読み間違えたのが由来」
「トイザらスはなぜひらがな交じり?」
「プーマとアディダスの創業者は兄弟だった」・・・

社名の由来うんちくを紹介しつつ、その会社の意外な歴史を教えてくれる一冊。パラパラとめくるだけで楽しめる。雑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?