「ぶたぶた」シリーズなどで、ふんわりとした不思議物語を発表している矢崎存美の最新不思議物語。池沢香絵は、探偵事務所で雑用バイトをしている女の子。彼女は小さな頃から“ちょっとした”不思議を何度も体験している特技というか、特異体質をしていた。しかし、特に超能力や霊能力があるわけでもない普段はいたって普通の女の子だ。そんな彼女がバイトをしている探偵事務所に、ある日不思議な依頼が舞い込む。「あるはずのない道に消えた人を探して欲しい」というのだ。不思議な事件は、香絵にとってはわずらわしいものでしかなく、いまのバイト先にももちろんそんな特異体質のことは話していない。しかしうっかりと依頼内容を聞いてしまったため、行きがかりで調査を手伝うこととなった。彼女が体験した、不思議な事件とは……!? ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 神様が用意してくれた場所
    値引き
    通常版 1巻 297円(税込)
    「ぶたぶた」シリーズなどで、ふんわりとした不思議物語を発表している矢崎存美の最新不思議物語。池沢香絵は、探偵事務所で雑用バイトをしている女の子。彼女は小さな頃から“ちょっとした”不思議を何度も...
  • 神様が用意してくれた場所2 明日をほんの少し
    値引き
    通常版 2巻 297円(税込)
    香絵の拾った一台の携帯電話。持ち主はすぐにわかったものの、相手はそれを引き取らずに「明日、ニセグミに会うよ」となぞの言葉を残して立ち去ってしまう。果たしてその言葉の意味は? 香絵の不思議事件...
  • 神様が用意してくれた場所3 いつかの少年
    値引き
    通常版 3巻 297円(税込)
    「あたしは、ちょっと知りたかっただけなんです。学校でどんなふうに友だちとつきあっているかとか、いじめられてはいないか、とか──先生とはうまくやっているかとか。親だったら気になることでしょ?」 ...

神様が用意してくれた場所

Posted by ブクログ 2019年01月10日

探偵を介在させて現実の隣の場所を時折のぞくファンタジー
主人公のなんでもない語りが独特の妙で素晴らしい
小説構造自体は大きいものでないちょっとした話だが
そのスケール内でかなり上手く処理していて感心
ただ4話目だけやや違和感が

このレビューは参考になりましたか?

神様が用意してくれた場所2 明日をほんの少し

Posted by ブクログ 2019年01月08日

1巻と同様に良いところは良いのだが
広く多数に読んでもらう作品としては
尖りどころの丸めようがあまりに不足でなかろうか

このレビューは参考になりましたか?

神様が用意してくれた場所3 いつかの少年

Posted by ブクログ 2019年01月07日

地味だがじんわり良い話
2巻の時も同じ事を書いた気がするが
やはりこの作品が広く評価されるというのが想像できない
もうすこし文を切り短編とはいわないでも中編くらいにすればとも思うが
でもこの商業作品としてはだめな文章のすかすかだけどよぶんな感じこそ
この作者の個性なのだしなあ

このレビューは参考になりましたか?

神様が用意してくれた場所

Posted by ブクログ 2010年11月08日

主人公 香絵は、子供の頃から幾度となく体験する“不思議なこと”に嫌気が差して、東京で一人暮らしを始めた。
けれど バイトを始めた探偵事務所にある日 不思議な依頼が舞い込む。
それは、「あるはずのない道に消えた夫を探してほしい」という依頼で――

たまたま居合わせたことから調査を手伝ううちに、少しずつ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

神様が用意してくれた場所

Posted by ブクログ 2016年03月24日

ぶたぶたさんの作者のミステリーなお話。
不思議なことに遭遇する女の子が、探偵事務所に勤めながら解決するのですが、みんな一生懸命でいい人で読後感が良いです。

このレビューは参考になりましたか?