かの兼好法師が“よろづのことも始め終りこそをかしけれ”と宣うように、古来より物事ははじめと終りがおもしろいものなのである。はじめて痩せクリームを購入し、塗りたくったあげく腹を無意味にかぶれさせてみたり、はじめて見た生ダリの絵に興奮し、力強いくしゃみ〈唾液含む〉をあびせかけてしまったり……。剃刀のような感性と宇宙規模の知性を誇るカオルコヒメノが満を持して綴る現代の徒然草。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

初体験物語

Posted by ブクログ 2006年03月21日

初体験、はじめて、の本。初めて○○をしたときに、私は○○だったのだ。とか、んなことが面白おかしく(いや、笑ってはいけないのかもしれないが)綴られております。毎度のことながら、カオルコさんの書く文章は繊細で綺麗でかつ、内容は面白おかしくて、ちょっとした空き時間を埋めるのにはもってこいの一冊ですな。

このレビューは参考になりましたか?

初体験物語

Posted by ブクログ 2004年11月09日

作者が体験した身の回り全てのモノへの初体験。。
★デヴィ婦人★オロナミンCドリンク★ガーターベルトetc…

このレビューは参考になりましたか?