幻覚サボテンに下着パブ、タンキングにUFO、盗聴、占い、左翼弁護士からチャネリングファック、そして、おっかけまで、「のほほん人間革命」というテーマ(?)をひっさげて、わがままな膝小僧・オーケンが好奇心のおもむくままにディープに迫る、突撃体験取材エッセイ! 魑魅魍魎が跋扈する大笑いとびっくりの世界へようこそ!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2011年02月13日

オーケン(大槻ケンヂ)自身、「この本、面白いよ」と言っちゃった作品。自身の体験・対談をまとめた本となっている。幻覚サボテン体験では体張ってる。無類のUFO好きのオーケンだが、この本ではUFOの正しい楽しみ方を教授してくれる。

色々やってるなぁオーケン。

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2010年07月26日

UFOを面白おかしく解釈する人を見る、とかやってみたいことがいっぱい増えた本。ディズニーとかピクサーをラリパッパという観点から見ないといけないな。オーケンUFOの本読み過ぎやろ。

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2008年09月10日

大槻ケンヂは、みんなが面白いと言いつつも、なんとなく色物の匂いがして読んだことなかったのだけれども、この本を読んで考えを改めた。

すっげー面白い!!

大槻ケンヂがいろいろ試して、その経験談を書くだけなのだが、ここまで読ませ上手だともうなに書いても面白いんじゃないかな。

大槻ケンヂの考え方のスタ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2006年03月21日

様々なネタを奥深くまで掘り下げるこの情報量は、普段からレアな雑誌とかを愛読しているオーケンならではだと思う。
大槻ケンヂは買っても損しない、って感じになってきた。もはやオーケンの愛読者です。彼の情報量と表現力にぶんまわされる毎日です。(謎)

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2012年03月11日

「のほほん人間革命」3

著者 大槻ケンヂ
出版 角川文庫

p45より引用
“一見まるで正反対のこの二つだが、
実はある部分で共通した点を持っている。
来るべき未来を暗黒の日々だと想定している点においてだ。”

 ロックミュージシャンである著者による、
世の中の多少怪しげな事に挑戦する体験記。
 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2011年05月07日

作者のアングラ・カルト好きを色濃く出した一冊。みうらじゅんと別な色で勝負したいなら、このやり方だわな。コアネタ盛り込んだ脱力エッセイ。

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2009年01月21日

変わった話題についてばかりまとめてある本だったが、テーマは何だかとっつきにくいものなのにコメントやツッコミがなかなか面白かったので、ついつい先まで読み進めてしまい、最後まで読んでしまったという感じだ。普段あんまり関わることのない世界について書かれているので、単純にへ〜って感心して面白い部分も多かった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2008年08月08日

内容は難しくないのでサクサク読める。

アホなことを真剣に考えている大槻ケンヂ。
それを支える情報量もすごい。

タイトルは某〜学会会長の著書のパロディーだが、そんなタイトル付けちゃって大丈夫か?


このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2007年09月09日

オーケンのエッセイ。これは人間革命と謳うだけあって、うばたまサボテンでトリップとかそういう本。
オーケンの病気、うばたまのせいって聞いたんだが、これ読んだ限りだとそうでもないような気もするのですが、どうなんだろう。

このレビューは参考になりましたか?

のほほん人間革命

Posted by ブクログ 2006年05月09日

あほエッセイだった気がする。結構昔に読んだので、少し内容は忘れている。オーケンのわりに内容は普通だった気が・・・

このレビューは参考になりましたか?