吉原の大見世「宝屋」、おいらんの名代で座敷に出た妹分の振袖新造が札差に手込めにされた。札差は旗本、御家人の金融の元締めとして権勢を張り、吉原にとっては、すこぶるいい客筋であった。だが、名代に手を出すのはここでは御法度破り。相手が誰であろうと、泣き寝入りするわけにはいかなかった。おえんは「宝屋」の女将から見舞金の取り立てを請け負うが・・・・・・。花の吉原で、器量よし男勝りのヒロインが奔走する、痛快連作時代小説。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

付き馬屋おえん 吉原御法度

Posted by ブクログ 2014年12月19日

おえんシリーズ二作目。
前作と同様、おえんがとても魅力的なのですが
話のパターンが同じなので、続けて読んでしまうと飽きてきてしまう…。。
少し時間をあけて次作を読むとします。

おえん、お嫁にいかないのかしらー!!

このレビューは参考になりましたか?

付き馬屋おえん 吉原御法度

Posted by ブクログ 2009年11月03日

主人公が美人姐さん……なんだけど、腕っ節の強さ的に若干物足りない感じ。
啖呵は切るし立ち回りもこなすんだけど、結構ちょいちょい捕まってるし(´・ω・`)

話も面白いんだけど、オチが急にやってくるというか、追いつめられた側が結構あっさり負けを認めちゃうのがなー。
そっから更に悪あがきとかはしないもん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?