江戸で日に千両落ちるところといえば吉原。だが、快楽の夢に酔いしれたつけは、翌朝になれば待ったなしでまわってくる。懐中のものでまかなえぬ遊客には“付き馬”が遊女屋からついてゆくが、それでも無理な場合は、専門の取り立て屋の“馬屋”に依頼がゆく。その馬屋の跡目を町内きっての器量よし、おえんが継いだ。強談して埒があかないときには、一日も欠かさず付きまとい、目的のためにはどんな手段もいとわない。金と色が渦巻く吉原で型破りのヒロインが活躍する連作時代小説。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

付き馬屋おえん 暗闇始末

Posted by ブクログ 2014年12月07日

アンソロジーの中に入っていた一作で、面白そうだったので手に取りました。

馬屋と言う職業、本当にあったのかしら。
吉原の取り立て屋とでも言えばいいでしょうか。
面白かったのだけれど、取り立て屋終了後がかなりアッサリしていて、その後が気になる。

吉原でお金を踏み倒した奴等は悪どい人ばかりで、主人公の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?