第二次大戦末期にフランスからドイツへ脱出する列車で出会った日本人少年と少女の淡い恋心を描いた表題作、主婦の足下に忍び寄る謎の女を追う「マリア観音」、清水の次郎長の三人目の妻、お蝶が男女のもつれから死に至るまでを描いた「お蝶ごろし」など、魅力の五篇を収録。予想を快く裏切る、情感豊かな作品を厳選した傑作短篇集。「マリア観音」「預け物」「追憶列車」「虜囚の寺」「お蝶ごろし」収録。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

追憶列車

Posted by ブクログ 2015年05月20日

100円コーナーでゲットした、軽く読める短編集。

多島氏の創作の傾向がなんとなく窺い知れる。

「追憶列車」切なさ瑞々しさと、ミステリ的反転、叙情に富む幕切れ。傑作「黒由合」の原型を見た。

このレビューは参考になりましたか?

追憶列車

Posted by ブクログ 2014年08月18日

2014/8/17
症例Aを読んでよかったので、短編集も読んでみた。

意外といろんなタイプの話があり、どれも読みやすかった。オチもすっきりとしていた。お蝶ごろしは特によかった。

このレビューは参考になりましたか?

追憶列車

Posted by ブクログ 2006年07月22日

5つの短編は時代や設定は様々だが,
共通点は人の情念にスポットを当てていることである。
やはり,著者の心理描写は秀逸である。短編の完成度は高い。
また,ミステリー要素も含まれており,その点も楽しめる。
個人的には「お蝶ごろし」が良かった。

このレビューは参考になりましたか?

追憶列車

Posted by ブクログ 2018年02月06日

多島斗志之の短編集。以前に読んだ本もレポートを脚本化したような話だったので、ミステリではないだろうと思ってはいたが、結構多彩なのね。

最初の2作は、現代もので、うち1作はブラックユーモアっぽく軽くて読みやすい。表題作を含む後半2作は時代物というか、そういう背景での文学。

日本人の幼妻を貰った、裏...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

追憶列車

Posted by ブクログ 2006年04月15日

こちらは全5編の短編集。現在の主婦を主人公にした作品から順に

海外や過去を舞台にした作品に移行していく構成が読みやすい。

驚いたのはどの短編も最後に仕掛けに気付き感心させられること。

伏線があまりにさりげないからストーンと決められてしまう。

文章や会話が素っ気無さすぎるぐらい淡々としているの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?