25歳の新進作家・芥川龍之介は、友人の原田宗助から相談を持ちかけられる。宗助は伊達騒動で逆臣として討ち取られた原田甲斐の子孫であり、先祖の汚名をそそぐために、事件の真相が隠された暗号を解読してほしいという。しかし間もなく、宗助は密室で死体となって発見された。彼の遺書に書かれた「すべての秘密はダビデの星に秘められている」という言葉。謎を追う龍之介を待ち受ける、国史をも揺るがす衝撃的事実とは? 若き日の文豪の推理が冴え渡る傑作歴史ミステリー!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ダビデの星の暗号

Posted by ブクログ 2012年08月18日

日本ユダヤ同祖論。井沢先生も信じていたヘキサグラム。後西院天皇が大正14年に後西天皇に理由もなく改名になったのには驚きました。必読!

このレビューは参考になりましたか?

ダビデの星の暗号

Posted by ブクログ 2018年02月26日

歴史(伊達騒動)をベースのネタにしたミステリ。鎌倉で海軍学校の教官をしていた時代の芥川を探偵役に据えて、当時の風景の描写をしてるのは面白かった。
暗号の扱いなどが「猿丸~」ほど込み入ってもいないのでサラッと読み終わる感じの作品でした。
(周囲の登場人物がイロイロ面白かったんだが、皆、ちょい役みたいな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ダビデの星の暗号

Posted by ブクログ 2014年02月16日

文豪芥川龍之介は、掛け軸に隠された暗号の解読を友人から依頼される。
暗号は江戸時代初期に仙台で起きた伊達騒動の真相に迫り、芥川はいつしか、伊達騒動と同時期に退位された後西院天皇の名前にまつわる謎や、日ユ同祖論に絡む組織の暗躍に巻き込まれていく。

芥川龍之介がどんな人物だったのかは知らない。フィクシ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?