イザナギ・イザナミの国造り、アマテラスの岩戸隠れ、八俣の大蛇。伝説の主役たちが、嫉妬に狂い、わがままを言い、ご機嫌をとる――。神々と歴代の天皇が織りなす武勇伝や色恋の数々は、壮大にして奇抜、そして破天荒。古代、日本の神様はとっても人間的だった! 「殺して」「歌って」「まぐわって」物語と歴史が渾然一体となっていた時代、その痕跡をたどり旅した小説家・阿刀田高が目にしたものは!? 古事記の伝承の表と裏をやさしく読み解いた一冊!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年07月08日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2018年05月07日

日本書紀は大和朝廷が渡来人に端を発する天皇家の正統性を担保するために都合のいいストーリーを神話の形をとって作成したものらしい、従って日本書紀にはない記述が多い古事記にこそ真実が散りばめられている。という説を読んだことがありますが、本書を読んでその古事記すらも似たようなものだと知って、がっかりしたとい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2016年02月11日

2年前に読んでいるんです。再読。読書会の課題図書。

前に読んだ時も面白かったのですが、再読しても面白かったです(笑)。
そして、改めて、「読んだはずなのに、ほぼ忘れている」ことに衝撃。
ヒトは、忘れる生き物ですねえ。
だから素敵なこともいっぱいあるんですが。

●とにかく、「ああ、この神社、この旧...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2015年07月03日

いやー、面白かった。古事記を面白く分かりやすく解説する本です。解説というと堅苦しいので、古事記を紹介してくれる本です。古事記に登場する神様や天皇ゆかりの地を筆者が訪れた時のことも紹介されており、一種の旅行記としても読める。

実は、これを読んでからというものの、ゆかりの地に行きたくて仕方がない。奈良...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2014年08月20日

古事記のあらすじ部分は平易であるだけでなく、エッセイならではの筆者の思考や感性も散りばめられていて共感できるので、とても面白く読めた。所々挿入してある紀行文(?)がまた興味深いのでもう少しあれぼもっと奥深くなったかな。

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2008年12月04日

本当に楽しく読める古事記です。
難しいこと抜きで、親しみやすい書き方。
神々がもっと身近に感じられること間違いなし。

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2013年08月24日

『古事記』の現代語訳を読もうとして挫折し、
それならと薦められたのがこの本で、
古事記の世界やストーリーが親しみやすく書かれていて
確かに入門書としては最適。

『古事記』で頻出する人名は主要人物を除いて端折られているし
(神様の名前をいちいち掲げるのはややこしいので省略、といった具合である)
一人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2011年05月10日

阿刀田高氏著。2003年。古事記を簡単に解説してくれる本。内容は知らないが、ちょっとかいつまんで読んでみたいという人にお勧め。巻末には天皇の一覧が掲載されているので、一応歴史の教科書のような体裁も保っている。というものの、古事記は歴史書ではなく多分にフィクションの要素を含んだ書物である。天皇が多くの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2010年09月14日

日本の古典もエッセイで読めば楽しい。
「古事記」の内容は断片的に知っているけど、通して読んだことはありませんでした。学生時代に古文で習ったはずだけど、原文は読めないし、これから読むには時間が掛りそうだし、、。
日本人だから日本の有名な古典の内容くらい知っておきたいという人には、おススメのエッセイだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2007年04月28日

阿刀田さんの作品は他にも読んだ事が
あったので購入したのですが、
買って正解でした。

実際に古事記の舞台になったところへ
行かれているのでエッセイのように
読み取れます。

神話って登場人物が膨大なので
よっぽど個性が強くないと
覚えられなかったりします^^;

このレビューは参考になりましたか?

楽しい古事記

Posted by ブクログ 2006年08月26日

古事記の内容について阿刀田節で書かれていてとても楽しい内容でした。
登場人物の多さや、名前の覚えにくさはやはり古事記です。

このレビューは参考になりましたか?