浅野の刃傷沙汰から二年足らず、収賄の噂により役職を解かれた吉良は、隠居にあたって別れの茶会を準備していた。茶器を手にした吉良の脳裡に、ふとその日の光景が蘇る。天下の名器・交趾の大亀を前にした浅野のひどく思いつめた表情が……。赤穂事件最大の謎とされる刃傷の真因を巧みな心理描写で解き明かす表題作ほか、人情の機敏を濃やかに描き、鮮やかな余韻を残す五篇の忠臣蔵異聞。「千里の馬」「剣士と槍仕」「その日の吉良上野介」「十三日の大石内蔵助」「下郎奔る

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

その日の吉良上野介

Posted by ブクログ 2015年03月16日

面白かった!
表題作含めて忠臣蔵に関する短編5本。
三郎兵衛のことは名前も知らなかったけれども面白かった。この本の大石内蔵助はどれも格好いい。吉良が、あんな目にあい戦々恐々として過ごしているにもかかわらず、あれは誰も悪くなかったのだと言い切るあたり達観しているというか格好いいというか。度の話も面白か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その日の吉良上野介

Posted by ブクログ 2013年09月01日

年末になると必ず話題にのぼる忠臣蔵。
表題作ほか4作すべてが赤穂浪士さんたちのお話でした。

「武士」として生きることができた武士って、本当に一握りなんだね。
体さんだけでなく、心もしっかり鍛えなきゃいけないな…って思いました。

浅野内匠頭さんが短慮なキャラで、吉良さんは悪くない感じのストーリーだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

その日の吉良上野介

Posted by ブクログ 2013年05月26日

忠臣蔵サイドストーリー。
短編集だけど表題作が一番面白かった。
刃傷沙汰の真因書き方面白かった。
天運と天命を説く内蔵助かっこいい。

このレビューは参考になりましたか?

その日の吉良上野介

Posted by ブクログ 2012年10月10日

四十七人の刺客、最後の忠臣蔵、に続く忠臣蔵三部作。
語り尽くされたこの題材を見事に魅力ある小説として作り上げていると思います。
浅野内匠頭の遺恨は何故うまれたか?吉良上野介、浅野内匠頭ともに、運命に翻弄される様がよく描かれています。

このレビューは参考になりましたか?

その日の吉良上野介

Posted by ブクログ 2011年10月03日

「四十七人の刺客」のサイドストーリー。 忠臣蔵を「公儀へのレジスタンス」ととらえ、 その視点から登場人物を捉え直す。そんな短編集。 新鮮味はないが、やはり面白い。

このレビューは参考になりましたか?