ささやかでいい。叶ってさえくれれば――。可愛い妹が欲しい、元恋人と復縁したい、部下と不倫をしてみたい、とにかく誰かと話したい……。芥川賞作家が掬い取る、街にあふれたいくつもの小さな願いごと。静かだけれど切実な、9つの物語。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
246ページ
電子版発売日
2013年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

願い

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月27日

横浜に行ってる時にカフェやバスのなかでぽや~と読みました。
好き。なんか好き。

・願い
3つ願い事をかなえてあげる、と言っていたおばあちゃん。
ふわふわと付き合っていて別れたけど、ひさしぶりの連絡のタケ。ほわっと。

・妹思い
妹思いのお兄ちゃん。
なんでもない話だけど、直球な感じが人間くさくて好...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

願い

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月15日

*ささやかでいい。叶ってさえくれれば――
可愛い妹が欲しい、元恋人と復縁したい、部下と不倫をしてみたい、とにかく誰かと話したい……。
芥川賞作家が掬い取る、街にあふれたいくつもの小さな願いごと。静かだけれど切実な、9つの物語*

心の奥の柔らかい部分にふわりと触れる、やさしい風のような物語の数々。単...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

願い

Posted by ブクログ 2011年04月01日

いつもよりちょっとだけやさしい気がする。みんななにか足りなくて、それを願って暮らしているのかなぁ。切なさやら生きづらさやらを抱いて、なおかつ一縷の希望というのを信じてみようと思う。「ノーチャンス」の中の“ピチカート・ファイブのヴォーカルは、まだ佐々木麻美子なのだと思っていた。(嘘)”には、ふいた。

このレビューは参考になりましたか?

願い

Posted by ブクログ 2011年01月04日

いつも藤野さんの著作にはジャケ萌えします、例にもれず今回も!(稲葉さゆりさんの装幀、好きです。)
ささやかな「願い」をテーマにした短編集。個人的にはものすごくツボでした。初期の藤野さんを彷彿とさせる、しょぼくれた日常から透けて見える可笑しさと切なさ。この「切なさ」に胸をぎゅっと掴まれる。さらさらゆる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

願い

Posted by ブクログ 2010年11月16日

願いという強い思いは人の心に響いてくる。
願いの根底にあるものは
全て人との繋がりであると思う。

このレビューは参考になりましたか?

願い

Posted by ブクログ 2018年01月31日

 死にたいのか生きたいのか。死にたいのか生きたいのか。死にたいのか生きたいのか。死にたいのか生きたいのか。生きたいのか死にたいのか。
 心の中で何度も考え、
「甘ったれんな」
 と小さく口に出して言った。
(P.212)

このレビューは参考になりましたか?

願い

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年08月20日

短編

つるとくまで、少女怪談に出てきた美々加の少し成長したのが出てきてわろたw

亡くなったおばあちゃんが生前に、3つ願い事を聞くと言っていたのを思い出した失業中の奈緒

妹にあこがれ、親が再婚し念願の妹に兄としての情熱を注いだタツ

会社の女子社員と寝たいとつい思い、妻にその気持ちをほん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

願い

Posted by ブクログ 2012年07月15日

久々に藤野さんを読んだ。文体、割と好き。ぐっとくるような、残るものはあまりない。強いて言えば、お願い玉、が良かった。

このレビューは参考になりましたか?