天下人へ駆け上る信長が、豪壮な城を築いたのは安土だった。「天主閣」の高みから信長が描いた「天下」とは? 一向宗を殲滅し、武田騎馬軍を退け、北陸、中国へ。織田の天下は目前にして、誰よりも焦っていたのは信長自身だった。軍師・竹中半兵衛、黒田官兵衛、光秀、秀吉を集め、ひそかに語った信長の「天下」。そして、本能寺を舞台にそれを引き寄せるための驚くべき計画とは。安土城、本能寺の謎を大胆に解き明かす衝撃作!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2013年09月13日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 天主信長〈表〉 我こそ天下なり
    通常版 1巻 781円(税込)
    天下人へ駆け上る信長が、豪壮な城を築いたのは安土だった。「天主閣」の高みから信長が描いた「天下」とは? 一向宗を殲滅し、武田騎馬軍を退け、北陸、中国へ。織田の天下は目前にして、誰よりも焦って...
  • 天主信長〈裏〉 天を望むなかれ
    通常版 2巻 781円(税込)
    尾張の小名から天下人へ駆け上る男、信長。播磨の陪臣で、主の日和見に振りまわされてきた官兵衛。光秀や秀吉を登用し、反逆を許さぬ苛烈さで勝ち上がる信長を、憧れと反発心とで官兵衛は遠くから見ていた...

天主信長〈裏〉 天を望むなかれ

Posted by ブクログ 2013年12月24日

表との違いが面白かった。
同じようなものでも視点が違えば違う話だというほどに話自体が同じではないけれど(半兵衛の性格あたりに違いが大きかった気がする)、こういう見方もあるのかと。表を読んだのが一年以上前で、軽く頭のなかから表の内容が抜けてるのも良かったのかも。連続で読んだら何を似たようなものを読ませ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈裏〉 天を望むなかれ

Posted by ブクログ 2014年12月20日

秀吉が卑小な描かれ方だけど、晩年の残念な
行いには似つかわしい
裏・・・もう少し突飛な仕掛けが欲しい・・・

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈表〉 我こそ天下なり

Posted by ブクログ 2014年12月14日

歴史に陰謀が書かせられない上田先生
信長・・・なぜそんな事を思いついたんだい
しかも実行しちゃうとは

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈裏〉 天を望むなかれ

Posted by ブクログ 2014年07月12日

多分秀吉は直接信長と対峙するようなことは絶対に無いだろうと思う。やるとしたら、忍びや浪人、野武士などを利用して自分が関わっていた痕跡など残すはずがないのだ。ストーリーとしては面白いが、少し違うかなと思ってしまう。

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈表〉 我こそ天下なり

Posted by ブクログ 2014年07月12日

表と裏で違う視点から描いているのは面白いと思ったが、信長のイメージがちょっと不満かな!実際の信長はどのような人だったかはわからないが、少なくともフィクションの中では、神のごとく偉大なものであってほしい。そんな神になろうとした男の物語である。

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈裏〉 天を望むなかれ

Posted by ブクログ 2014年04月20日

着眼点が斬新で、歴史ミステリー好きには堪らないかも。

ではあるものの、表ほどの斬新さがなく、驚きが軽減されてたのが残念。

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈表〉 我こそ天下なり

Posted by ブクログ 2013年08月25日

今までになかった本能寺の変の解釈。
神になりたかった信長、怨みを持った官兵衛、なかなか面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈裏〉 天を望むなかれ

Posted by ブクログ 2018年03月02日

〈表〉では竹中半兵衛が主人公だが〈裏〉では黒田官兵衛が主人公。作者の意図なのか表では官兵衛の裏では半兵衛の性格設定がより濃くされている。個人的には官兵衛が主家小寺家で一人信長支持に立ち回るくだりが面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈表〉 我こそ天下なり

Posted by ブクログ 2018年02月22日

信長の宗教や天皇家に対する考え方にはそれなりに説得力があった。最後は自分の想像を超えた展開だったのでワクワクして読む事が出来た。文庫書き下ろしの「裏」も続けて読みたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

天主信長〈表〉 我こそ天下なり

Posted by ブクログ 2015年04月04日

全1巻。
だけど、別視点の
「天主信長〈裏〉 天を望むなかれ」とセット。

うむ。
本能寺の変の解釈は新しく、
少し強引な箇所はあるものの
それなりの説得力を持ち、
目から鱗だった。
ちょっとおおってなった。
おもしろい。


問題は、〈裏〉 を発表しちゃった事。
〈表〉は織田側視点で竹中半兵衛がメ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?