日曜日の午後、5歳の少女が、バレエスクールに向かう途中、頭にボウガンを撃ち込まれ、意識不明の重体になった。緊急配備が発令され、管内の交通の要衝に警官が配置された。巴橋交差点に急行した城西署の捜査主任、赤松作造は、風采の上がらない、一見どこにでもいそうな中年男。だが、彼は独得の動きで最新の捜査計画の間隙を縫ってゆく……。〈警察ミステリー〉の傑作として単行本刊行と同時に連続ドラマ化された話題の書。元警視庁警部補が描く、リアル・ポリス・ストーリー。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ショカツ

Posted by ブクログ 2014年04月15日

この作者の作品は初めてだが、期待以上の内容だった。なによりまず、リアリティが大変高く感じられる。別に私自身警察の内情に詳しいわけではないので、本当なのかどうか判断できるわけではないのだが、リアルに感じさせるような技術が高いと感じるのだ。他に類を見ないような警察署内の描写の細かさや、さりげない会話など...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ショカツ

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月25日

 疑いや引っかかりがあれば何度も足を運んだり、所轄の顔利きや足を使っての地道な捜査がよく描かれてました。
 一見地味な職務ですが、実際の捜査もこんな感じなんだろうなと思わされました。

このレビューは参考になりましたか?

ショカツ

Posted by ブクログ 2011年12月18日

本が分厚かったので買ってからにかなか読めませんでしたが、読み始めるとさくさく読めました。
推理するというよりも、所轄のベテラン刑事が日頃の人脈を使って捜査を進めていく過程が面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

ショカツ

Posted by ブクログ 2018年06月13日

二月最後の日曜日の午後、五歳の少女が、バレエスクールに向かう途中、頭にボウガンを撃ち込まれ、意識不明の重体になった。すぐに緊急配備が発令され、管内の交通の要衝に警官が配置された。巴橋交差点に急行した城西署の捜査主任、赤松作造は、風采の上がらない、一見どこにでもいそうな中年男。だが、彼は独特の動きで最...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ショカツ

Posted by ブクログ 2017年03月10日

僕が刑事になるための実務研修に派遣された先で指導担当になったのが、赤松主任だった。
刑事らしからぬ物言いや態度に最初は戸惑うが、やがてベテランの刑事の凄さを知ることになる。
華やかな捜査、時間との戦いのような捜査、そして地道な捜査。
ときにはネタモトを明かせないような、それでいて信憑性の高い情報を手...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?