かけがえのない、高校生だった日々を共に過ごした四人の男女。テストにやきもきしたり、文化祭に全力投球したり、ほのかな恋心を抱いたり――。卒業してからも、ときにすれ違い、行き違い、手さぐりで距離をはかりながら、お互いのことをずっと気にかけていた。卒業から20年のあいだに交わされた、あるいは出されることのなかった手紙、葉書、FAX、メモetc.で全編を綴る。ごく普通の人々が生きるそれぞれの切実な青春が、行間から見事に浮かび上がる姫野文学の隠れた名作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

終業式

Posted by ブクログ 2015年08月24日

小説的な地の文が一切無く、全てが手紙やFAXなどで構成されている小説はとても斬新だと思った。その人がどう行動したか、何があったのかは細かく見ることができない分、投函されず、本人だけの想いが綴られた手紙などもあり、神の視点で登場人物それぞれの人生が見れた。登場人物がたどり着いた結末までの軌跡がとても切...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

終業式

Posted by ブクログ 2014年09月21日

僕が一番好きな小説です。
恋愛小説として大好きです。
今までも沢山恋愛小説を読みましたが、この小説が一番です。
他の恋愛小説と、何が違うのか。ちょっと考えてみました。
一言で言ってしまうと、それは「僕の身の丈にあっている。」と言うことです。
もちろん、傷心の海外旅行での出会いとか、クルーザーで港の夜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

終業式

Posted by ブクログ 2014年07月01日

一番好きな本です。まず構成に驚かされ、内容にも惹かれてしまう。後味が悪いわけではないですが、読み終えた後は切ないもやもやが残り良い意味で引きずりました。年代でいうと、私よりもっと上の方々の青春でしょう。しかし人間の感情と言うものはどの世代でも変わらないもので

このレビューは参考になりましたか?

終業式

Posted by ブクログ 2014年05月25日

すごく良かった
地の文がないから状況を掴むのに少し時間がかかるが、読み進めるうちにこうだったのか!となる展開
大好きな本になりました

このレビューは参考になりましたか?

終業式

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月02日

2018/03/02

手紙とファックスのやりとりだけで、登場人物たちの20年近くを追う。
20年。
スタートは高校生、表現に時代を感じるものの、なんか自分もこんなノリの手紙のやり取りしてたなあと思い出す。
その後大人に近づいて文体は落ち着き内容も年相応に紆余曲折していく感じ、なんかリアルでした。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

終業式

Posted by ブクログ 2016年12月27日

『ツ、イ、ラ、ク』以来の姫野カオルコ作品。2作しか読んでいないのに、あぁ、姫野カオルコらしいなと思ってしまった。青春と言ったら陳腐な言葉かもしれないけれど、誰でも懐かしさを感じてしまう思春期独特の雰囲気とか、リアルな感情とか、周りが見えないまま全力で生きてた感じとか。1975年から1995年までの時...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

終業式

Posted by ブクログ 2016年12月02日

ぜんぶが手紙だけ
(中には本人に渡せなかった手紙も!)
で構成されてるのが、
おもしろい思って手に取ったのがきっかけ!

これほど “行間を読む” ことを
強いられた本は初めてだなあ。。(笑)

差出人と受取人の関係を上手く
推測しながら読むのがワクワクした!


最後にこの本のタイトルをつけた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

終業式

Posted by ブクログ 2015年08月02日

自分は青春小説が好きだ。
社会人となった今の自分に嫌気が指している訳ではない。
学生時代のかけがえのない時間を思い出すことが出来るし、浸りたい時があるからだ。

思い出は後になるほど美化されるものとは良く言うが、学生時代が特にそうではないかと感じる。
著者はあとがきで、「あのころ。なんて単純で、なん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

終業式

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年02月28日

文字になっていない行動や心の動きを
行間から読み解いていく快感。
愛は後悔しないことと謳いながら、
みんな愛で後悔している。
優子から都築くんへの思いと、それを隠し続ける行動に共感する。
一方で悦子や都築くんは思うがままに動いていてあまり良いと思えないけど、きっとこんな行動の方が当然であるように思う...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

終業式

Posted by ブクログ 2015年02月12日

色んな人の手紙の文章のみで進みます。
はじめは読みにくいのかと思いましたが、気づけばサラサラとページをめくってしまいました。
色んな人の感情が詰め込まれて、それが手紙として表れていることが素敵だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?