※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【写真詩集】私は孤独である限り、詩を書き続けるでしょう――。誰もが胸に秘めている大切なものを、愛おしむようにそっとすくいあげる、親密で、密やかな写真詩集。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2010年05月19日

高校生のころだったか、何度も何度も読んでいた。



「いけない子」

私の心は 素直さをなくし
やさしい人々を見れば見るほど
間違っていると自分でも分かる方向ばかりへと
心は進んでいって
いけない子になっていって
もう こんなふうになっては
誰も愛してはくれないだろうと
強い強い風の中
ひとりで生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2006年01月21日

胸の奥にすーっと入ってくるようなことばたちと、写真たち。
甘酸っぱくて、苦しくて、ドキドキします。恋をした時にオススメ。『片思いの守り方』

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2004年12月22日

中学生の頃、この本の詩をいくつも胸にきざみました。
せつなくて、毎日ほんとうにせつなくて、傷つきやすかったあの頃の想いがよみがえってきます。

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2004年11月08日

他の人といる時も
笑っていても
映画を見ても
心はいつも
あなたのことばかりだった

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月02日

「ある風の吹く日の夕方」に見える相対する温度や
景色と幻みたいな1日のカタチがすごく大好き。

とても暑くて光でいっぱいの高原の昼の光と
木々や草原に抜ける風の音と匂い。
トモダチと共有する宝物のような場所と
ココロがキラキラするような発見。

相対する夜の匂い。
少女の純粋な残酷性が月の光に包まれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2012年07月13日

モノトーンとカラーの写真が半々くらいの写真詩集。淡い色やきらきらが夏っぽい。91ページのタンポポの綿毛の写真と、26ページの2行の詩が好き。

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2009年11月27日

*************


「本当のこと」

私があなたに言っていることは
みんな本当のことのようにも思えるし
みんな嘘のようにも思える

私にはわからない
あなたが決めてくれたらいい


*************


わたしもそう思う。

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2008年06月30日

目が疲れちゃったので一息いれて詩集を・・
この詩集には私の子供の頃からの夏の情景がつまってました。
蝉時雨、入道雲、かき氷、すいか割り、夕立、風鈴の音、キリギリスの声・・・
私の夏への思いがすべてつまってて
感傷的になりました。
銀色夏生さん・・好きです。

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2006年06月24日

何かがとても清らかで 
死んでもいいと思った 
ほしいものがみんな 
手にはいるなんて 
ありえない 

このレビューは参考になりましたか?

【写真詩集】あの空は夏の中

Posted by ブクログ 2018年10月03日

1988年刊行。
5冊目の銀色夏生詩集。
子供の頃の情景や、散文詩の多い詩集。
スタイルが定まらない時期の作品という印象。

このレビューは参考になりましたか?