原子力船「むつ」は佐世保での修理を終え、新母港の下北半島関根浜へ向った。八丈島近くに大型台風が接近してはいたが、航海は順調だった。だが、(新潟沖100キロを航行中、全員元気)の無線を最後に、「むつ」は消息を絶った―――。やがて、尖閣湾沖で大量の魚の死骸が発見され、近海が放射能に汚染されていることが判明する…。事件の意外な真相を追って、日本海からアラブ海へ展開する壮大なサスペンス推理。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

原子力船むつ消失事件

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月11日

社会派の作家になりたい西村らしい作品。
政府や原子力関連機関の対応の揺れをうまく書いている。

一部の殺人事件や疑惑などをさらりとかいて,
戦争の回避の筋書きをうまく入れ込んでいる。

愛憎や人間関係の踏み込みがいまいちという評価もあるが,
それも含めて西村らしいと言えないだろうか。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?