からくり展のポスター制作を依頼するため、国際的デザイナー矢的遥を訪ねた広告代理店の池上佐和子。矢的と共にからくり人形について調べるうちに「べんきちはゆるさないぞ」という謎の脅迫文を人形から発見して……。からくりマニアの加島大治、才色兼備の研究者・多野百合亜、双子の兄でロックミュージシャンの露麻夫、女優の浮田美洋、一癖も二癖もある登場人物たち。はたして真犯人は? そして犯人の狙いは?! ことわざ好きの探偵・矢的が活躍する高橋ミステリーの傑作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

偶人館の殺人

Posted by ブクログ 2005年11月21日

事件そのものはわりと単純なんだが、シチュエーションがなんとも私好み。なので星4つ。
偶人館の設定や、からくり師・大野弁吉や隠れキリシタンに隠し金。わくわくしながら読みました。ことわざフリークの矢的遙も可愛いくて良し。

このレビューは参考になりましたか?

偶人館の殺人

Posted by ブクログ 2015年03月12日

殺人事件の推理モノとして追っていくよりは、江戸末期の天才カラクリ師大野弁吉と銭屋五兵衛の関係、銭屋の隠し財産に隠れキリシタンと、歴史裏に埋もれたミステリの解き明かしを追っていることの方で楽しめた。事件そのものは、、、弁吉の話とからくり仕掛けを書きたくて、無理矢理捻り出した、って感じかな。意外な人が犯...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

偶人館の殺人

Posted by ブクログ 2008年10月13日

地味で平坦な感じだった(--;)カラクリ人形の作者の歴史ミステリにしたほうが面白かったのでは?(--;)探偵役の矢的は事件が起きてからは影が薄いし(--;)最終的にそんな驚きもないし(--;)

削除

このレビューは参考になりましたか?

偶人館の殺人

Posted by ブクログ 2008年08月25日

『ドールズ』もそうでしたが、これもからくり人形が出てきます。
色々なからくりがあるもんだ〜と、別の意味でも楽しめました。

からくり展のポスターを依頼にきた主人公と依頼された男の話です。
仕事のためにからくりを見せてもらおうと訪れた家で起こった事件が
昔の事件を掘り起こしていく…という感じでしょうか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?