35年前に死んだ父に、まるでそっくりの若い男が息子たちの前に現れた。顔も体つきも言葉遣いさえも、父そのものだった。おまけに名前までも同じなのだ。その男が出現して以来、息子たちの商売はとんとん拍子に繁栄していった。息子たちは、男を父親のように感じ慕いはじめていたが、その裏には、正体不明の組織があった。現代社会を変えるべく、過去からよみがえった“亡霊”を描く異色長篇。

カバーイラスト/杉本一文

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

回転扉

Posted by ブクログ 2015年05月18日

前半はSFというか、怪談。死んだ人たちが生き返って、日本を軍国化して活性化するという、最近紹介したら、勝手にいろんな解釈を入れられそうなお話。その中途半端で突然、第2章に飛ぶと、全く別の話が始まる。

第2章は、1章と別の話すぎて、しばらく全く違うストーリーなのかと思っていたところ、8割位読み進めた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?