東京の下町に生まれ育ち、仕事に旅に、衣食に遊びに、生きてゆくことの喜びを求めてやまぬ池波正太郎の名エッセイ。友人、知人、思い出の人々、生起するさまざまな出来事を温かく、生き生きと描いて興趣つきない滋味たっぷりの一冊! 人は変わり、世は移るとも、これだけは絶対に変わらぬ男の生き方を綴った必読の12章。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

男のリズム

Posted by ブクログ 2015年03月22日

 ひとりの人間の「人生」は、たった一つしかない。この非常に味わい深い一文で始まるエッセイ。死ぬ為に食べ続けるという矛盾を楽しむ。人生は一度しかない、だからこそ、仕事も思いっきり、食うことも思いっきり、住む家も大切にすること、この頑固なまでのポリシーを感じることができる。
 仕事は半年から3ヶ月かけて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

男のリズム

Posted by ブクログ 2018年10月20日

"作家池波正太郎さんの生き様の一端をかいま見ることができるエッセイ。彼の作品で、私が好きな小説は「剣客商売」。
死を意識して生きる。人が死ぬのは当たり前のことだが、それを意識して生きることは難しい。明日死ぬことがわかっていたら、最後の1日の過ごし方は日常と違う行動をとるだろう。死を見つめて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

男のリズム

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年01月04日

全ての人間に確実なことは死である。

人は生まれてすぐ死に向かって生きていく。

そう思って毎日を生きていくと、時間の使い方も変わるだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

男のリズム

Posted by ブクログ 2014年08月24日

【本の内容】
東京の下町に生まれ育ち、仕事に旅に、衣食に遊びに、生きてゆくことの喜びを求めてやまぬ池波正太郎の名エッセイ。

友人、知人、思い出の人々、生起するさまざまな出来事を温かく、生き生きと描いて興趣つきない滋味たっぷりの一冊!

人は変わり、世は移るとも、これだけは絶対に変わらぬ男の生き方を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

男のリズム

Posted by ブクログ 2014年06月02日

仕事、食事、旅等池波さんのこだわりのエッセイ。
この「男のリズム」は池波さんの人生哲学が煮詰められている。

このレビューは参考になりましたか?

男のリズム

Posted by ブクログ 2016年01月12日

まさに「男のリズム」。ダンディというよりは粋。ザ・東京の男。40年位前に書かれたエッセイだけど、今読んでもいい!

このレビューは参考になりましたか?