半年がかりで書き上げた長編が、やっと見本になった! 推理作家・有栖川有栖は、この一瞬を味わうために神田神保町の珀友社にやってきた。会議室に通され見本を心待ちにしていると、同業者の赤星学が大きなバッグを肩に現れた。久しぶりの再会で雑談に花を咲かせた後、「行ってくる。『海のある奈良』へ」と言い残して赤星は会議室を後にした。翌日、福井の古都・小浜で赤星が死体で発見された。赤星と最後に話した関係者として、有栖は友人・火村英生と共に調査を開始するが――!?

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
紙の本の発売
1998年05月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

海のある奈良に死す

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月24日

【内容情報】
半年がかりの長編の見本を見るため、推理作家・有栖川有栖は珀友にやってきた。
そこで同業者の赤星学と出会い、話に花を咲かす。
赤星は会議室を後にした。
「行ってくる。『海のある奈良』へ」と言い残して…。
翌日、福井の古都・小浜で赤星が死体で発見された。
赤星と最後に話した関係者として、有...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2017年06月12日

○「海のある奈良」と殺害場所の謎が支配し、結末に(いい意味で)呆然!しかし読み応えあり!

有栖川有栖氏の火村英生シリーズの一作で、三作目である。
近々発売される新作の見本を受け取りに出版社に来た有栖は、作家の赤星と会う。「行ってくる。海のある奈良へ」と言い残し別れたが、翌日若狭で客死したという一報...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2016年06月29日

有栖川有栖による作家アリスシリーズの長編。
まず、タイトルが目を引く。無知な自分には「奈良に海なんかない」と即座に思ってしまうのだが、福井県小浜市は国宝級・重文級の寺社やゆかりの地が多く、歴史的にも海外との交易などで重要な地であり、奈良とのゆかりも深いことから「海のある奈良」と呼ばれているそうだ。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2016年01月17日

作り込まれてるな〜。良かった。

有栖川有栖の作品は間違いないなぁ。日テレで『火村英生の推理』ってドラマやるけど、どうだろ。楽しみ〜。

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2017年10月19日

タイトルの「海のある奈良」というのが、意味深な感じで、これがストーリーの中でも鍵となる。まさか、と思う展開や事柄が続くので一気に読んでしまった。
強いて言うなら、ストーリーが繰り広げられる場所が多いので、地図を用意してから読むと舞台の位置関係などが分かりやすいかと。

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2017年04月11日

久々のアリス作品。こんな面白かったっけ?笑 て、いうくらい面白かった!アリスと火村の会話。美人社長とその部下(?)。アリス以外の作家、編集者…など、個性豊かな登場人物たち。全てに於いて良かったなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2016年03月18日

東京に出来立ての最新作を受け取りに(その他の古本屋巡りがメインではあるが)東京の珀友社で担当編集者の片桐氏が見本を持ってくる間の待ち時間に同業者の赤星楽がアリスの元へと顔を出した。彼は今から次回作の取材旅行へと向かうことを告げる。「『海のある奈良』へ行ってくる」そう言った彼は次の日、若狭の海岸で波に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2016年02月29日

海のある奈良に死す、まずタイトルが素敵だなあ、と。有栖川作品にはつい手に取りたくなるような魅力的なタイトルが多い印象です。実際にある土地と言うのもびっくりしたし、何だかロマンチックだなと思いました。八百比丘尼伝説や刈萱堂などのお話も盛り込まれ、人間模様も複雑に絡み合った今回の事件。そして、ちらちらと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2016年02月16日

これも超久々の再読。この本、昔とても好きだったはずなのに、内容を覚えてなくて、おかげで新たな本として楽しめた(笑)。初期のころの作家アリスシリーズだからか、火村とアリスの会話が若々しい気が(年齢設定は今も同じだけど)。初期の本って、二人でよくハモってる場面が出てきて微笑ましい。
あと、この本にはサブ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

海のある奈良に死す

Posted by ブクログ 2016年01月17日

再読。
“海のある奈良”という言葉が詩的でとても素敵だなぁ、という印象が強く残っていましたが、元々そう呼ばれる地があるのでしたね。
10年以上前なので全然覚えていなかった(笑)
“海のある奈良”という通り名の地はおそらく知っている人も多いのでしょうが、その重要なワードには別の意味も隠されていて……
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?