――暗闇の中で、息を殺してジッとうかがっている陰獣の目。私は、お前の陰になり切っている。たえまなく、お前を凝視しているのだ。幸せをつかんだ女のもとに、捨てた男の執念の脅迫状。その直後、隅田川に浮かんでいた夫の腐乱死体。熟れた女の白い肌にきざまれたミミズ脹れの鞭あとの謎は……。驚くべき巧妙なトリックと強烈なサスペンス。複雑な犯罪の謎を解きくずす江戸川乱歩の最高傑作! 他に「孤島の鬼」を収録。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

陰獣

Posted by ブクログ 2013年02月28日

数年前、海外のマジシャンを日本に招待して、街中でパフォーマンスをしてもらうというTV番組を観た。
その中のひとつに、宝飾店のBVLGARIで二百万円相当の指輪を瞬時にゆで卵の中に移動させるというものがあった。
販売員の女性の手によってショーケースから取り出される指輪。
マジシャンはそれを受け取ると、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

陰獣

Posted by ブクログ 2011年09月17日

推理小説の大家の名作2編収録。

【陰獣】
タイトルも凄いが作者自身をトリックに使っているところが前代未聞。

【孤島の鬼】
何回よんでも胸に残る圧倒的な不気味さ!
映像化が難しいと思われるのでぜひご一読ください。

このレビューは参考になりましたか?

陰獣

Posted by ブクログ 2005年02月05日

古本屋で購入。バーコードすらつおていない本だった。孤島の鬼が読みたくて買ったなんて恥ずかしくて口が裂けてもいえない。

このレビューは参考になりましたか?

陰獣

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年08月25日

静子夫人の多面性にまずゾクゾクときて謎が深まり天井裏まで・・・。ということで「孤島の鬼」よりもポイント高いし、あのあいまいさも含めての終結の仕方、良かったです。
全集で何にも先入観なしに初めて読んだ時の衝撃が一番良かったけど。再読には向かない一冊?

このレビューは参考になりましたか?