二十五歳になる中西は、官庁に勤めている平凡な独身男だ。彼の唯一の趣味は、ひとり旅だ。今回は京都に行くのに、奮発してグリーン車にしたところ、隣に二十七、八歳の素晴らしい美人が座った。うまくいく時はうまくいくもので、京都駅に降りる頃には、二人はすっかり恋人気分だった。だが、二人で泊ったホテルで思わぬ出来事が……。「危険な道づれ」他、嫉妬深い女のたくらみ、平凡な男の変身願望、突然声の出なくなった女性歌手などを描いた、切れ味鋭い華麗な十一のサスペンス。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

イレブン殺人事件

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月11日

日本語は,カタカナ語を特定の意味に用いる。
イレブンといえば,フットボール(サッカー)のことを意味し,
ナインといえば,野球である。

そのため,イレブン殺人事件はフットボールの殺人事件だと思った。

読もうとしたら,11の事件があり,フットボールの殺人事件ではなかった。
短編なので,原因...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

イレブン殺人事件

Posted by 読むコレ 2016年07月27日

ホテルの鍵は死への鍵
歌を忘れたカナリヤは
ピンクカード
仮面の欲望
優しい悪魔たち
受験地獄 (角川文庫は再版から「裸のアリバイ」)*
危険なサイドビジネス
水の上の殺人
危険な道づれ
モーツァルトの罠
死体の値段

このレビューは参考になりましたか?