桐子はカトリックの女子校に通う高校二年生。家の近所のお下劣な環境を脱すべく、県内一のお嬢様学校に入ったのだけれど、お上品ぶった同級生や先生、修道女との毎日は、すっきりしないことばかり。大好きな母さんの死、郁クンとの恋、衝撃の事件。からまわりする自意識を抱えながら裸の自分に向き合い、明日へ走り出す桐子は――。みずみずしい十七歳の一瞬一瞬が輝く話題作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

無花果日誌

Posted by ブクログ 2011年02月26日

「日誌」とタイトルにもあるが、そんな簡潔な言葉で括られるのも憚られる位、過剰なまで饒舌に綴られる、カトリック系女子高生の内省。
その内なる己への顧みは、痛いくらい滑稽であり僕を心から笑かしてくれるのだが、全体的に薄い爽やかな膜に覆われている。
それが少し恥ずかしい。
膜があるからこその青春小説、膜を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2006年01月31日

カトリックの女子高に通う女の子の日常の一コマ。お母さんが死んだり、初恋をしたり、そうしながら、少し大人になっていく。と書いたけど、この人の書く話はどこか遊びがあるので楽しいです。

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2012年12月20日

十代の世界は狭い。しかし、世界なんてものは、そもそもがある程度は狭い方がいいのかもしれない。狭く深く。そのほうが、惑わされずに疑うことが出来る。「広い世界を知れ」なんて、それがさもいいことのように喧伝されるけれど、その結果、処理しきれなくなって、ぜんぶ世界に丸投げにしてしまう人には、正直なところ、辟...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2009年03月31日

17歳の少女の一人称で綴られている話。
本当に普通の17歳なのだが、
彼女を取り巻くありふれた日常が瑞々しく描かれている。
学校生活、青果店を営む家族との生活、
友達の自殺、ボーイフレンドとのロストバージン、
それらをサラリと時間の流れに乗せている。
乳癌で母を失い、その母にまつわる話のくだりは、
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2006年12月23日

あー私もこういう風に感じたことあるなぁ、て思えるところだらけでした。
女子高生の秘密の日記を読ませてもらってる感じ。
他の春侑さんの作品とはちょっと感じ違うけど、これもいいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2006年05月16日

県内1のお嬢様学校に通うごくごく普通の一般家庭の桐子サンの日記。家のこと彼氏のこと、妙な日本語を使う学校のシスターのこと、同級生のこと。色々てんこもりでいつの時代も女子高生は忙しいのだ。

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2012年01月30日

 青春爆走している女の子の手記。
 女の子ってすげえなあ…と思わされました。「下劣」な地元の「オジサン」どもへの軽蔑やぴーぴー騒ぐ同級の女子たちへの冷たい視線や高邁な宗教者としてしか生徒に接することのできないマ・スールたちへの憎悪と、そんなネガティヴな感情を抱く自分への失望を両方抱えられる、少女とい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2010年08月05日

若合さんのことばは矢張り綺麗だ。流れるような滑るような。


教えて。 命の在り処は、誰が決めるの?
この章で物語は一気に若合さんの世界に染まるなあ、と泪致しました。

綺麗だなあ。

このレビューは参考になりましたか?

無花果日誌

Posted by ブクログ 2006年03月19日

性にたいして関心を持ったり
お嬢様になることを夢見たり
普通の女子高生なんだけど
小説家並みの日誌の構成力。。。

比較的読み易かった。
カトリック学校とは本当にこんなんなのかという興味が残った。

このレビューは参考になりましたか?