食べものを日本一美味しく書くエッセイストと、食べものを日本一美味しく描く漫画家の最強タッグ! 各社の社員食堂を食べ比べ、中国東北地方の味を探しに池袋へ赴き、絶品サンドウィッチを求めて銀座を探訪。旬の味、懐かしい味、物語のある味……飽くなき好奇心と胃袋で挑んだ、“いまの味”をめぐる美味しく愛おしい一冊。夜ふけに読むのは危険です!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
250ページ
電子版発売日
2013年09月13日
紙の本の発売
2013年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2018年02月28日

食べもののエッセイは平松洋子さんや森下典子さん、旅やお散歩のエッセイは菊池亜希子さんや杉浦さやかさん、暮らしのエッセイは森茉莉さんや松浦弥太郎さんや川上弘美さん…とか、信頼しているエッセイストさんが何人かいます。開拓もしたいけど。

こちらもとてもお腹が空きました。
食べるならやっぱり美味しいものが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2015年11月27日

 様々な食にまつわるエッセイである。正確に言えば、飲食店に関するエッセイというべきかもしれない。
 本当にこの方はグルメだと感心させられるが、お値段もそれ相応の料亭から立ち飲み屋、ビアホールに社員食堂まで、ありとあらゆる飲食店を取り上げ、エッセイに描いている。食べるものも様々であり、中には熊肉のよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2015年07月26日

あ、文庫本になったんだー。
と気軽な気持ちで読みはじめたのだけど、ついつい引き込まれて一気読み。
平松さんの文章はリズムがあって、一緒にお店に言っている気分にさせてくれる。
どれも好きだけど、特に印象に残ったのは、池袋、オムライス、サンドウィッチ、昭和の大衆食堂、百年も二百年も。
さらに共感をおぼえ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2014年03月15日

平松洋子さんの文章を初めて読みましたが料理を楽しく思い浮かべることができて本当に食べに行きたくなりました。挿絵の谷口ジローさんの絵がまたいいです♡

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2013年07月11日

再読である。二年前に単行本で出るとすぐに読んだのだが、この度、文庫化されたので、すぐに購入した。これは谷口ジローのファンなら当たり前のことである。

平松洋子さんの涎が出るような美味しいエッセイに谷口ジローさんの素晴らしいスクリーントーンワークを駆使した挿絵と漫画が、さらに美味しさを増している。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2017年06月15日

美味しそうだな〜‼︎
漫画は各編のうしろにあれば、
もうちょい落ち着いて読めたかな〜
食べに行きたくなりました‼︎
社食シリーズでもいいな。お弁当派だけれども‼︎

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2015年03月17日

てんぷらを揚げてる油の音や、トーストしたサンドウィッチを切るサクッという音が聞こえてくる本。
タイトルはおしゃれすぎるけど、それを狙った本ではなかった。
社員食堂訪問しまくる記事が好きだ。
挿絵が無くても、十分伝わるけれど…挿絵も味。
谷口氏のファンには嬉しいだろう。

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2015年01月16日

混ぜるな危険ならぬ読むな危険です。
もしあなたが、ダイエットをお考えなら
軽快な文体とリアルに想像させる描写で、ダイエットは敢え無く崩れ去ることでしょう

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2014年01月13日

食に関するエッセイなら、断然平松洋子さん。「孤独のグルメ」の谷口ジローさんの漫画もついて、お勧めです。

このレビューは参考になりましたか?

サンドウィッチは銀座で

Posted by ブクログ 2013年12月11日

出てくる食べ物みんな美味しそうでたまらない。
既になかったり、出向くのが難しそうだったりするところもあるけれど、いつかぜひ自分も行ってみたいと思わせられる。人物や景色もそうだけれど食べ物を豊かな表現力で魅力的に描けるのは羨ましい。

このレビューは参考になりましたか?