貯金しようと思いつつ、気づけば今月も使い切ってしまった…。こんな悪循環から抜け出すために必要なのは「ルール」だけ。お金を上手に、使う・貯める・増やす仕組みがあれば、マネープランは格段にラクになるはず。絶対知っておきたいお金の知性が身につく1冊。

ジャンル
出版社
大和書房
掲載誌・レーベル
だいわ文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年09月06日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

お金の教養

Posted by ブクログ 2014年11月10日

私は子供の頃からお金の教育は受けた事がありません あるとすれば親から貯金をしなさいと言われたくらい
でも生活に必要なお金を知識なしで生きていくのも危険…
そんなお金を考えるのに良い一歩になる一冊です

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2013年10月14日

これからインフレになるというし、収入は上がるかどうかわからないし、老後は心配だし・・・という、不安スパイラルをどうにかしたいと思う今日この頃。
それで、この手の金融リテラシーの本を少しずつ読んで勉強し始めた次第。

闇雲に不安をあおったり、投資を勧めたりということはない、堅実な本だと思った。
それか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2011年11月12日

泉正人著「お金の教養」大和書房(2008)
今から20年前、これからは英語を勉強した方が良いと言われ、ほどなく国際化の波が押し寄せてきました。今では英語は強力な武器になります。そして10年前にはこれからはパソコンが出来た方が良いといわれ、実際にパソコンなしでは仕事にならない時代がやってきました。そし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2011年08月13日

『20代で知っておきたいお金のこと』で紹介されていた本。
著者が代表取締役を務める日本ファイナンシャルアカデミーは、金融教育サービスで有名だ。私も一度、無料セミナーを受けてみたことがある。
そんな「お金のプロ」である著者も、昔は、ローンを抱えて親に仕送りをしてもらう羽目になった「お金の生活習慣病」だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2011年02月28日

家の売却するときの価格なんて意識していなかったから、新たな発見になった。
生命保険も、必要ないかも。
自分の収入を超えて使わない。当たり前のことなんだけれども大切なこと。

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2017年03月12日

まあ借金がどれくらいあるのか現実を直視したくないんで、資産の洗い出しとかみんなしないんだよなあ。僕もそうなんだけど。
あと「お金に働いてもらう」ことにもうちょっと意識的になろうかと思う今日この頃。

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年05月14日

P51
・収入の2割・・・貯金
・収入の6割・・・生活費
・収入の2割・・・自己投資

P114 買ったら4500万円。借りたら毎月20万円。このどちらが得かを考えるとき、基準となる数字が「200倍」です。

P205 まず欲しい物が見つかったら、そのお金を運んできてくれる資産を買い、その資産に欲し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2016年05月07日

* お金を貯めるには、収入よりも支出を抑える必要がある。
* 稼ぐ力とお金を持ち続ける力は別。
* お金の階段は一方通行。「お金を稼ぐ」というのは階段を一歩ずつ上がること。「お金を使う」というのは一気に飛び降りること。

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2013年10月14日

書籍のタイトル通り、「お金の教養」に関する入門書。社会人をある程度経験し、キャリアでひとつの節目を迎えます。人生における大切なもの、ことが少し変化してきています。そこで、これからの人生でやりたいこと、夢に向かっていくために、キャリアだけでなく、お金のことも、改めて考えたいと思い、手に取りました。お金...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の教養

Posted by ブクログ 2013年09月19日

すぐに読めてためになった。学校では教えられる事が無い、お金の使い方、つくり方、守り方について。貧乏なときには、家計簿つけてたけど、それなりに稼げるようになると、無造作にお金を使ってしまうようになった。それって、すごくもったいことだったなと改心しました。豊かな資産を築きたいです。まずは自分の収支と財産...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?