及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2013年09月06日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 邪魔(上)
    通常版 1巻 594円(税込)
    及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が...
  • 邪魔(下)
    通常版 2巻 594円(税込)
    もうどこにも、逃れる場所はない。2002年版「このミステリーがすごい!」第2位、第4回大藪春彦賞受賞。九野薫、36歳。本庁勤務を経て、現在警部補として所轄勤務。7年前に最愛の妻を事故でなくし...

邪魔(上)

Posted by ブクログ 2018年10月01日

「最悪」「無理」「邪魔」の三部作の中で、これが一番好き。 主な主人公二人。 警官久野は男らしくも痛々しく、主婦恭子も普通の奥さんだったのがどんどん良くも悪くも変わっていくのが辛い。 二人とも可哀そうなのだが、ページをめくる手が止まらなかった。 (上下巻ともに読んだ感想)

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(下)

Posted by ブクログ 2018年10月01日

「最悪」「無理」「邪魔」の三部作の中で、これが一番好き。 主な主人公二人。 警官久野は男らしくも痛々しく、主婦恭子も普通の奥さんだったのがどんどん良くも悪くも変わっていくのが辛い。 二人とも可哀そうなのだが、ページをめくる手が止まらなかった。 (上下巻ともに読んだ感想)

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(下)

Posted by ブクログ 2018年07月22日

奥田英朗 著「邪魔」(下)、2004.3(文庫)発行。
上下巻、長編小説です。上巻は下準備か? 下巻になって上巻のすべての伏線がテンポよくつながってきます。生きて行くことに邪魔なプライド、見栄、やせ我慢などを振り切って懸命に生きるスーパーのパート主婦、及川恭子34歳、妊娠中の若妻を交通事故で亡くした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(下)

Posted by ブクログ 2018年05月12日

夫の犯行を疑う恭子、妻を亡くし精神安定剤に依存している九野、ヤクザの世界に足を突っ込んでしまった裕輔。

信じていたものが崩された時、人は少しずつ壊れていく。どんどん崩壊していく3人がどこまで壊れてしまうのか、目が離せなくなり一気に読み進めました。平凡な主婦だった恭子が転落してゆく姿は恐怖を感じまし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(上)

Posted by ブクログ 2018年05月12日

何年も前に亡くなった妻を思い続ける刑事の九野。スーパーのパートで家計を支えつつ小学生の姉弟を育てる恭子。不良高校生の裕輔。
それぞれに起きる出来事が、複雑に絡み合って、平凡な毎日が少しつづ壊れていく。

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月26日

*2002年版「このミステリーがすごい!」第2位、第4回大藪春彦賞受賞。九野薫、36歳。本庁勤務を経て、現在警部補として所轄勤務。7年前に最愛の妻を事故でなくして以来、義母を心の支えとしている。不眠。同僚花村の素行調査を担当し、逆恨みされる。放火事件では、経理課長及川に疑念を抱く。わずかな契機で変貌...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(上)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月26日

*及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作*

夫を放...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(上)

ネタバレ購入済み

kintan 2016年02月01日

奥田氏は心理描写がリアルすぎる
例えば刑事同士が交番で殴り合いを始めるなど荒唐無稽な展開でも実在の人物による実際の出来事のように感じてしまう

既に居なくなってしまった義母への妄想を断ち切れた九野
警察と暴力団の板挟みから解放された裕輔
最後は救われた二人と比して恭子の結末が悲惨過ぎると感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(下)

Posted by ブクログ 2015年11月10日

すごいおもしろくて下巻は一気に読んだ!上巻半分まではとっつきにくかったけど、そこから先が展開気になりすぎてどんどん進んだ!奥田さんのどシリアスって初めて読んだんだけど、日常がだんだん崩れていくかんじとか、みんながみんな自分の生活を守るために必死になるけどそれが裏目に出て追い詰められていくかんじとかが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

邪魔(下)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月15日

読まされる!
なんでかわからないけど、どんどんと読んでしまう。

切ないなぁ。
なんだか切ない。
最後のほうの、真犯人は夫婦だった、みたいなところが、たまらなく切なかった。
言葉で言ってしまえば、それはそうなんだけど、簡単にしう言われてしまうことが、なんだかやりきれない。

いろんなことが、現実では...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?