新氏は、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど、誰も知っている超一流企業の社長を3社歴任するなど、伝説の外資社長として知られ、その豊富な経験から得たさまざまなマネージメント知識には定評があります。そうした新氏の仕事に役立つ「話し方」「聴き方」のノウハウを、‘教科書’シリーズとして刊行。「会議では大いにムダ口をたたけ」「スピーチ下手は不利ではない」「挨拶上手は名前を入れる」など、実践的な知識が満載です。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年09月06日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

伝説の外資トップが教える コミュニケーションの教科書

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月06日

人間関係の基本であるコミュニケーション力を高める「話し方」「聴き方」。
あいさつ、根回し、会議・ミーティング、職場の雰囲気づくり、人脈づくり、交渉・説得の説明項目のすべてに「このお話のポイント」が簡潔にまとめられており、冒頭のコミュニケーション10ヵ条とともに、よく整理されている。
ただ、教科書だけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

伝説の外資トップが教える コミュニケーションの教科書

Posted by ブクログ 2017年03月25日

伝説の外資トップが教える コミュニケーションの教科書
2013/4/26 著:新 将命

自分自身のコミュニケーション・スタイル、すなわち「話し方」、「聴き方」、「態度」を変えることで、劇的に相手の態度が変わることはたびたび経験したことである。その結果、人間関係が劇的に改善され心が軽くなったことが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?