式の羅列になりがちの熱力学。式の意味の丁寧な説明はもちろん、余談や例も豊富で、読みやすくて、くわしい。熱力学がピンとこない人に最適の書。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
なっとくシリーズ
ページ数
281ページ
電子版発売日
2013年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

なっとくする熱力学

Posted by ブクログ 2009年08月03日

熱力学理論を復習した後でこの本を読むと,理論と日常現象との結びつきがわかって勉強になる.
最後の永久機関もどきの紹介も参考になる.

このレビューは参考になりましたか?