ディジタル機器には必ずディジタル電子回路が使用されており、極度にエレクトロニクスの発達した今日では、理工系の学生や社会人にとってディジタル電子回路は必須の学問である。本書では、基本論理ゲート、ブール代数、論理回路、フリップフロップ、順序回路、A/D変換などをとりあげ、ディジタル電子回路の基本事項の完全理解をめざす。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
なっとくシリーズ
ページ数
198ページ
電子版発売日
2013年09月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

なっとくするディジタル電子回路

Posted by ブクログ 2007年05月07日

これを読む事で論理回路をさくさくと組み立てる事が出来るようになります。フリップフロップ回路やCMOS回路などもイメージする事が容易になると思います。

このレビューは参考になりましたか?