東の坂東の地で、阿高と、同い年の叔父藤太は双子のように十七まで育った。だがある夜、蝦夷たちが来て阿高に告げた……あなたは私たちの巫女、火の女神チキサニの生まれ変わりだ、と。母の面影に惹かれ蝦夷の地へ去った阿高を追う藤太たちが見たものは…?〈闇〉の女神が地上に残した最後の勾玉を受け継いだ少年の数奇な運命を描く、日本のファンタジーの金字塔「勾玉三部作」第三巻。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 薄紅天女[上]
    通常版 1巻 594円(税込)
    東の坂東の地で、阿高と、同い年の叔父藤太は双子のように十七まで育った。だがある夜、蝦夷たちが来て阿高に告げた……あなたは私たちの巫女、火の女神チキサニの生まれ変わりだ、と。母の面影に惹かれ蝦夷...
  • 薄紅天女[下]
    通常版 2巻 594円(税込)
    西の長岡の都では、物の怪が跳梁し、皇太子が病んでいた。「東から勾玉を持つ天女が来て、滅びゆく都を救ってくれる」病んだ兄の夢語りに胸を痛める十五歳の皇女苑上。兄と弟を守るため、「都に近づくさら...

薄紅天女[下]

Posted by ブクログ 2016年12月08日

勾玉三部作では一番好きだと思った。
苑上がとても一生懸命で、二連もとても魅力的。ほかのキャラも各々の思いがあって、乗り越えて。

冒険あり、恋愛もあり。
とても幸せなあたたかな物語だった。

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[下]

Posted by ブクログ 2015年02月08日

<明玉>を持つ少年の力が皇にもたらすは、救いか終焉か。

勾玉シリーズ3作目。更級日記の竹芝伝説や、歴史上に実在した人物も登場する物語。
東の坂東の地で双子のように育った“二連”、阿高と藤太。いつまでも変わらないままではいられないと気づいた時、阿高のことを巫女・チキサニの生まれ変わりだという北からの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[下]

Posted by ブクログ 2014年09月05日

個人的に勾玉3部作の中で一番良かった(*´▽`*)
解説でも書いてあったけど、今までのと違って男女の運命的な出会いではなく、運命的な繋がりは阿高と藤太にあって、でも苑上もなくてはならない存在で。とにかく一番良かったなあ。
キャラクターの強さが尚更好きだったのかも。皆それぞれに芯があって真っ直ぐで魅力...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[下]

Posted by ブクログ 2014年01月16日

下巻から苑上視点。そしてあたその!
上巻のときは苑上が全く出てこないので、ほんとうに噂のあたそのが存在するのか半信半疑だったのですが、しっかりあたそのでした。かわいい!
藤太がけっこうすきなキャラなので、途中でリタイアっぽくなったのは悲しかったですが、魅力的なキャラがたくさん動いてておもしろかったで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[下]

Posted by ブクログ 2013年05月23日

何度読んでも、
あの終わり方に悶絶する・・・・
帝の娘をさらうってどんだけやね〜ん!!
阿高バカヤローかっこよすぎるわと思わずため息。

荻原ヒーローズは全てぬかりなくカッコイイから堪らない。
そしてお話の終わりも史実と微妙み織り交ぜてある辺りが余計に真実味を帯びて良い。

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[上]

Posted by ブクログ 2013年05月18日

単行本で積読み。
久しぶりに読むとこれまた日本ファンタジーのまさに代表作きたわこれーーーー!!
と血がたぎる:笑
面白くて面白くて・・・・とにかくとまらない。
全体感想は下巻も読んでから!

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[下]

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年05月16日

第二部、苑上の巻。
藤太と阿高の物語は語り手が代わり帝の血筋、内親王である苑上にバトンタッチされ紡がれていく。
彼女は怨霊に流されるままの自分に歯痒さを感じ、煩悶としていた。そしてとうとう男装の麗人・仲成の手を借り、宮を飛び出していってしまう。
そんなはねっかえりの強さはどこか、沙耶や遠子といったこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[下]

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年04月14日

勾玉三部作の最終巻。ついに読み終えてしまった。

上巻で謎だったことも下巻で解き明かされ、全ての真相が明らかになったときには思わず鳥肌がたった。闇を生み出すものは常に人の中にあるのだということを改めて実感した気がする。
阿高と安殿皇子のどちらも戻ってきてくれたことには本当に安堵した。
上巻のレビュー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[上]

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年04月12日

空色勾玉、白鳥異伝に続く勾玉三部作の第三作目。
前の二作は神話などに基づいていたのに対し、薄紅天女は田村麻呂やアテルイなど史実の人間が登場して、どちらかというと現実味を帯びている気がした。

とは言え、やっぱり勾玉シリーズは面白い。
上巻ではほとんど友情や絆がメインだったけれど、阿高と藤太の絆はすご...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄紅天女[下]

Posted by ブクログ 2013年02月08日

上巻にいまいちのめり込めなかったが下巻は一気に読んでしまった。特に最後は迎えに来るとは思ってなかったので胸が熱くなった。勾玉シリーズのヒロインはいまいち好きになれなかったけれど、苑上にはものすごく惹かれた。そのせいか下巻がシリーズの中でも一番好き。

このレビューは参考になりましたか?