オツベルと象
作者名 :

1巻配信中

価格 1,296円 (税込)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

版画だから描きだせる宮沢賢治の世界。子どもたちに賢治とのすばらしい出会いを贈ります。宮沢賢治研究会・赤田秀子氏推薦:「牛飼いが語ったこのお話の聞き手は誰だったのだろう。編み笠だけがチラッと見える。『賢治は前世では修行僧だったかもしれない』と賢治の父親が漏らした言葉を思い出す。最後のページを見れば、やっぱり聞き手は賢治だったらしい。ふーん、牛飼いはシャカだったの。このお話は『賢治版・ジャータカ物語・佐藤国男翻訳』として、いきいきとユニークに展開されている。まったく、佐藤国男ときたらたいしたもんだ」

ジャンル
出版社
子どもの未来社
ページ数
32ページ
電子版発売日
2013年08月30日
紙の本の発売
2010年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

オツベルと象

Posted by ブクログ 2014年01月21日

オツベルという強欲な男のところへ現れた白い象。
オツベルに何を要求されても、よろこんで働きますが、最後は力つき、助けにきた象にオツベルは潰されてしまいます。
この話を語る牛飼いは釈迦らしいですが、白象は誰でしょう?
修行僧?
それなら、根を上げて、他の象に助けを求めちゃダメじゃない?

やっぱり宮沢...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?