大絵画展

大絵画展

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ロンドンのオークションでゴッホ作「医師ガシェの肖像」を日本人が競り落とした。落札価格は約百八十億円。時は流れ、日本のバブルが弾け、借金で追いつめられた男女にある依頼が持ちかけられる。それは倉庫に眠る「ガシェの肖像」を盗んで欲しいというものだった……。第14回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝く、痛快にしてスリリングなコンゲーム小説の傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

大絵画展 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年10月26日

    何一つ予想通りにいかない展開に、
    途中で予想するの諦めました。
    ただ読んでりゃ、なにか面白いことが
    起きる、そんな素敵な本です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    絵画美術系、贋作、コンゲーム(騙し合い、詐欺モノ)。自分にとっては好きな要素が複合された作品なので、楽しめた!の一言。
    ゴッホの「医師ガシェの肖像」の手に汗握るオークションから物語は始まる。
    そして計画の中核をなす男女二人は、ダメダメぶり故にマンマと詐欺に釣られてしまうが、窮地に追い込まれた彼らに思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月08日

    むちゃくちゃ面白い/ 絵画の蘊蓄もよい/ 終盤のどんでん返しは予想も付かなかった/ ただ、未公開株で売り抜けるくだりはなんだか誤魔化しているがおかしい/ イトマン事件における伊藤・許の絵画転売の構造も理解出来ていないと思う/ あとは個人的な趣味によると思うが、全員を救いすぎている/ 一番の被害者も最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月12日

    2011年度、第14回日本ミステリー大賞新人賞受賞。高額な値をつける絵画について、当時のバブルの行き過ぎた高騰の原因を詳らかにする。普段は知ることのない業界の知識とか、その筋の人達をからめてのストーリー展開は上手である。

    この仕掛けを仕組んだ者が分かるラストでは、綺麗にまとまり過ぎの感じはするが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月30日

    なんか規模が大き過ぎてほえーってなりながら読んだ。
    世界が違い過ぎるわ。。。
    久々に絵を描きたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月04日

    私的にはとても良かった。
    最後もスッキリどんでん返しだし
    絵画が何故高額で取り引きされるかなども詳しくかかれていたり興味深い。
    美術も好きなので、楽しく読めた。
    読み終えた瞬間は爽快なミステリー!って印象

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月09日

    早い展開で面白い!
    実行犯が実は脇役だった、ってのも面白いが、最後をもう少しスマートにまとめあげれれば・・・。
    少し飽きる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月23日

    帯に大どんでん返しって書いてあったから。
    きっとこれ最後はやられるんだろうな。とは思って読んでたんだけども。

    そうきたか!!!!

    のオチでした。笑笑
    一瞬、誰が誰だか見失う。これがあの人であれ?これが?あれれ?あれ?みたいなね。すごいプロット仕掛けてきます。裏の裏みたいなね。

    3つくらいのそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月29日

    最初、誰が主人公なのかわからなかった。登場人物の真の姿を探すコンゲーム。映像化だったらもう少し早く整理できたかも。最後まで読んですっきりーそれにしても大掛かりだったなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月07日

    名画を中心に、使われるもの、金に生きるもの、人生を狂わされたもの、贖罪をしたいものなどが絡み合いながら、結果として収まるところに収まっていく。

    私の頭が悪い所為か、なかなか事件の背景が入ってこずに物語の中盤までは気持ちを込めることができなかった。
    しかし、徐々にパズルの完成形が見えてきたあたりから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング