優しいおとな
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

福祉システムが破綻した日本。スラム化したかつての繁華街〈シブヤ〉の野宿者・イオンは、闇を根城にする若者たちと出会い、アンダーグラウンドに足を踏み入れる。NGO「ストリートチルドレンを助ける会」、女性ホームレス集団「マムズ」……彼の「優しいおとな」はどこにいるのか。桐野夏生が描く、希望なき世界のその先とは。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
376ページ
電子版発売日
2013年09月06日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

優しいおとな

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月19日

わたしは?どっちつかずなおとな。
貧困、逃避、自棄、愛着、無関心、優しいおとな、優しくないおとな、どっちつかずなおとな、登場人物に大人は少ないけど多分みんな優しいおとな。
最後の救いがあって助かった。

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

Posted by ブクログ 2016年12月02日

コミューンとか、共同平等とか、桐野作品らしい。本当の悪人が出ないのとかも
(私がどんくさいから気付かないだけかもだけど)。みんなピュア。
最後の最後に、イオンがやっと自由になれてよかった。救われない感じもするけど、
これはこれでいい。
メタボラと同じような、登場人物と疾走した連帯感と喪失が嬉しかった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年05月27日

福祉システムが破綻した日本が舞台。スラム化したかつてのシブヤの野宿者、イオンは闇を根城にする若者たちと出会い、アンダーグラウンドに足を踏み入れる。NGO「ストリートチルドレンを守る会」。女性ホームレス集団「マムズ」。彼の「優しいおとな」はどこにいるのか…?

「平等」とは?「優しさ」とは?「闇」と「...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

Posted by ブクログ 2015年01月06日

スラムからアンダーグラウンドな世界へ足を踏み入れる少年イオン。サバイバル感がドキドキさせるけど、やっぱりさみしそう。
優しいおとな、優しくないおとな、そしてどっちつかず。

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年06月04日

自分にとって桐野夏生作品を読むことは、一種の自傷行為なのだと最近自覚するようになった。でもこの作品は自傷にはあたらない優しさがあった。

舞台は福祉が崩壊した近未来日本のシブヤ。近未来といいながら、主人公イオンのまわりの地上風景はすでにこの国が現実に抱えている問題そのものだった。企業による炊き出しや...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

Posted by ブクログ 2013年10月29日

この小説は、20世紀を代表するフランスの偉大な哲学者、彼のサルトルの「実存主義」を具現化したように感じた。

多くは語るまい。が、とても素晴らしかった。
読んで、決して後悔はしないと言い切れる。満足のいく一冊だ。

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

Posted by ブクログ 2018年01月16日

福祉システムが破綻した近未来の日本を舞台に、ホームレスの若者・イオンが探し求める希望を描く衝撃の長編。
作品の発表時がリーマンショック直後ということで、若者の貧困や派遣切りなどが社会問題になっていた。暗い世相を反映して物語も陰鬱で、かつ高揚感もない。桐野作品の中ではあまり記憶に残らない作品。

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

Posted by ブクログ 2017年11月06日

福祉システムが破綻した日本。スラム化したシブヤのなかで生きるホームレスの若者たち。
ありそうな生々しさ、息苦しさが漂う作品だった。
読み進めるのはきつかったけれど、途中でやめられない力強さがあった。映像が見えてくるような感じ。
『誰かと仲良く暮らすということは、響き合う楽しさを知ることだ』の言葉がし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

Posted by ブクログ 2016年02月23日

松本大洋や大友克洋の世界観だろうか。リアリティを失う代わりに、少しSF的な要素を取り入れつつ、しかし巻末にはこれ見よがしに参考文献を並べて来るあたり、桐野夏生の凄さがあるのだと思う。まさに、物語の中のシーンみたいに、闇から地上に出てきて、目がやられそうになるような感覚だ。

ストリートチルドレンには...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

優しいおとな

Posted by ブクログ 2014年10月04日

桐野作品の中では毒が薄くて読みやすいけれど、何か中途半端なまま終わってしまった感じ。ただただ切なくて、桐野作品なのに毒がまわってこないのが不思議でした。何が言いたかったのかわからないままになってしまったけれど表にでない部分でやはり毒が潜んでいる気がします。

このレビューは参考になりましたか?