老荘思想の心理学
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

上善は水の若し、杞憂、足るを知る、無用の用……老子や荘子に代表される道家思想は二千年以上もの間、人々に豊かな人生を示し、不透明な時代の指針となってきた。とはいえ現代人には理解が難しいところがあるのも事実である。もっと現代人にとって「使い勝手」のよいものにできないか。そう考え、心理学という補助線を引いてみたところ、驚くほど新鮮に道家思想が蘇った! 悩める現代人に捧げる道家入門。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
184ページ
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

老荘思想の心理学

Posted by ブクログ 2013年03月15日

知的読み物として、なかなかおもしろいと思う。深すぎず、浅すぎず。
日本のことわざだとか、中国の故事だとか、なんでこんなにも的を得ているのだろう。
まあ、ある真実があれば、その逆もまた真なり、というのがいちばんの実感やけど。

このレビューは参考になりましたか?