ぼくらの祖国

ぼくらの祖国

作者名 :
通常価格 1,439円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

我々は祖国のことを知らなすぎる! 国際事情に精通した著者が説く「日本人が知っておくべき祖国のこと」。これさえ読めば、母国の理解が深まり、復興のありかたも見えてくる。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
298ページ
電子版発売日
2013年08月16日
紙の本の発売
2011年12月
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2017年04月11日

北朝鮮問題、東日本大震災で特に福島原発に関する話、硫黄島に関する話、日本海のメタンハイドレートとエネルギー政策に関する話があり、とても面白い内容である。読み進めていくと色々と感じることはあるが、日本にはまだ可能性があるのではと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月02日

家族にも読ませたい。

自分の足で見てきた人の重さ。

そして、それを行動に移す大事さ。

小さい頃から思っていた、何故本当のことを言う人の言葉を流すのが「危険」なの?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月28日

青山繁晴さんが取り組んできた様々な問題や課題、行動をまとめて書籍化したのが本作ですね。内容はラジオで語っておられた事ばかりでしたので青山繁晴ウォッチャーの私には目新しい内容はありませんでしたが、改めて活字で読み込んで見ると耳で聴くだけよりも、数倍の威力がありますねぇ〜いろんな感情が勢いよく入ってくる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月26日

自己陶酔気味の自分語りもあるが、やることをやっているし、硫黄島(いおうとう)・日本海側メタンハイドレートなど蒙を啓かれる視点・記述も多い。苫米地英人氏と同様、鵜呑みに信仰せずに情報を得ていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月23日

私は青山氏を誤解していた。右寄りの国際政治コメンテーターぐらいの程度に思っていた。こんなにも真摯に日本国を想っている方だとは。

「祖」つまり源でありルーツを、礼賛も偏向もせず、純粋に捉えて自らのアイデンティティである日本国の過去と未来への責任を現在に生きる自らに課している。

恥ずかしながら私は硫...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play