ケータイ電話が日常のコミュニケーションの主流となり、現実とヴァーチャルな世界との境界がかぎりなく曖昧なものになりつつある今日、ファッション、モードの世界はかつての規範から解きはなたれた人びとの思い思いの「てつがく」の交響の場となっている。目まぐるしく変遷するモードの世界に、変わることのない肯定的眼差しを送りつづけてきた著者のしなやかなファッション考現学。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま学芸文庫
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2014年10月13日

服装ひとつで人の印象はガラッと変わる。
ファッションは自分を表現する手段のひとつ。
どちらもその通りだと思うのだが、「印象(impression)」の反対語は「表現(expresssion)」である。ファッションは元々、夏に着物に薄地の絹織物をはおることで見る人の目を涼ませたり、艶やかな色の服で見る...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2010年03月06日

服だけでなく身体、粋、他人への思いやりについて書かれている
それらを身につけた上でのファッション
はずし、余裕、美学
「おしゃれ」と「個性」という言葉になにか違和感を感じる人には特に読んでほしい
人と違う服を着るのだけがおしゃれじゃあ、ないんだよねぇ

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2009年02月25日

着飾りすぎるのは、格好わるい。そこには他人がいないからである。

ドレスアップと同時にドレスダウンも大事。

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2008年03月08日

「現代の若い子は、なんで寒いのにミニスカートなんかはいてるんだろうなぁ」という素朴な疑問が解決した。

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2018年03月01日

2000年前半に書かれている本なので
今現在と比較するとあーそうそうあったわ、そうゆうことも。とか
懐かしいような
それでいて、ごもっともと思うこともしばしば。
自分に一番遠い自分とか。
鏡越しで見ないと自分を見れない自分がいて
でも自分以外の人からは自分がよく見えるって。
当り前なんだけどごもっと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2015年07月10日

「ファッション考現学」というサブ・タイトルがつけられているように、さまざまな雑誌に掲載されたファッション論を集めた本です。

著者は本書の冒頭で、次のように述べています。「ファッションにぜんぜん気がいかないひとはかっこよくないが、ファッション、ファッション……とそれしか頭にないひとはもっとかっこわる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月27日

リアルタイムで読みたかったと思った。
90年代までが群集が何かに1つのことに熱狂できたということはすごい納得。

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2009年06月19日

ファッション心理学(?)の本です。
流行に乗っかるも乗っからないもスタイルの一つではあるんだなぁと思いました。
モードは自身を裏切ることを宿命としていると言われると、そうだなぁと思うと同時に
じゃあ確かなファッションというものはあるのだろうかと考えてみたり。
他者を慮るファッションという考え方も私に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2010年06月18日

流行といえばファッションね。迷走するファッションの話です。
むなしい世界ですね。
私的に、ファッションで一番嫌なのは、毎日変えなくちゃいけない点。
自分にぴったりのコーディネーションを見つけても、次の日にはまた新しいのをひねり出さなくちゃいけないのが最高に面倒臭いですよね。

このレビューは参考になりましたか?

てつがくを着て、まちを歩こう ――ファッション考現学

Posted by ブクログ 2009年09月07日

久々に読み返してみた。

ファッションにとらわれなくなった一冊。少なくとも私は。


粋っていいよなー、と思ったり。化ける化粧だけでよかったのになと思ったり。
なんか懐古趣味に走る私。少なくとも私は。

雑誌に寄せた文書を編集したものなので、同じ話が何回も出てきたりすることはありますが全体的に読みや...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?