カレチとは、長距離列車に乗務する客扱専務車掌を指す、国鉄内部の呼称。昭和40年代後半、大阪車掌区──。乗客のために一生懸命になりすぎる新米カレチ・荻野(おぎの)の奮闘と成長を描く読み切りシリーズ。懐かしくて泣ける、昭和テツ漫画! ちばてつや賞大賞受賞作『RAIL GIRL~三河の花~』と、特別描き下ろし『みどりの昭和の鉄道たんけん』も収録!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • カレチ 1巻
    完結
    通常版 1巻 648円(税込)
    カレチとは、長距離列車に乗務する客扱専務車掌を指す、国鉄内部の呼称。昭和40年代後半、大阪車掌区──。乗客のために一生懸命になりすぎる新米カレチ・荻野(おぎの)の奮闘と成長を描く読み切りシリーズ...
  • カレチ 2巻
    完結
    通常版 2巻 648円(税込)
    今この一瞬を、誇れる仕事を。昭和の時代。働く男達の胸に、確かに宿っていた、職人魂――。荻野(おぎの)カレチはそれに従い、時に抗い、プロの仕事を追い求める! 昭和40年代後半の国鉄を舞台に、プロの...
  • カレチ 3巻
    完結
    通常版 3巻 648円(税込)
    昭和40年代後半――。懐かしの国鉄を舞台に、荻野(おぎの)カレチがプロの仕事を追い求める読み切りシリーズ! 荻野カレチのお嫁さん候補「志織(しおり)ちゃん」編で、ほんわか。巻末には描き下ろしショ...
  • カレチ 4巻
    完結
    通常版 4巻 648円(税込)
    乗客のために働く国鉄職員のプロ魂を描く、味わい深き一話読み切りシリーズ!! 激動の昭和50年代――。国鉄内部に次第に高まる合理化(リストラ)の圧力の中、プロの仕事を追い求める男達は、一段上の闘い...
  • カレチ 5巻
    完結
    通常版 5巻 648円(税込)
    昭和の時代の国鉄を舞台に、プロの仕事とは何かを描き出してきた骨太ドラマ。その最終章「分割民営化」では、国鉄をとりまく環境が激変。累積赤字問題から、国鉄本社が強引に合理化(=リストラ)を押し進...

カレチ 5巻

Posted by ブクログ 2017年08月31日

待ちに待った5巻は最終巻。カバーには寝台特急「富士」の牽引車EF66で、往時は西鹿児島まで走り抜ける花形だったが、民営化後に大分止まりとなった時にはショックを受けた。本巻は、そんな自分の気持ちと少なからず重なり、安斉チーフの死はそのまま国鉄の矜持が分割民営化により瓦解したように感じた。過激な組合とし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 4巻

Posted by ブクログ 2017年08月31日

昭和40年代後半のエピソードが第30話でいきなり平成24年に時代が飛んだ。苦情の主がリタイアした荻野カレチとは。彼にはもっと穏やかな老後を過ごしてほしかった。私鉄の重役にならずとも良い。鉄路の傍に居を構え、過ぎ行く列車を優しく見守るような老後に。31話から一つの時代が終わったかのように「昭和50年」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 3巻

Posted by ブクログ 2017年08月31日

表紙の電車寝台特急なつかしい~と言っても乗車したことはなく、ただただ憧れだったけど。本巻は荻野カレチの仕事ぶりが、1、2巻とは別次元で感動させてくれる。そんな中、志織ちゃんとの出会い。チーフの奔走も微笑ましい。最終話の「ノリホ」に、赤字ローカル線の悲哀を感じる。恐らくノリホ(列車乗車人数報告書)を水...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 2巻

Posted by ブクログ 2017年08月31日

表紙のボンネット型特急が良い。リアルタイムでは常磐線土浦駅での「特急ひたち」が記憶にある。荻野カレチの乗客を思う姿勢に感動する。車掌を目指し鉄道学園へ行くも、伸び悩んでいる時に出会ったトロリーバスの女性車掌との話、恋愛には発展しなかったのが少し残念。「誤乗」の最終場面が特に良かった。罪を憎んで人を憎...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 1巻

Posted by ブクログ 2017年08月31日

古き良き国鉄時代の新米カレチ(乗客専務車掌)が繰り広げる人情味あふれる話が良い。このマンガ当たりだった! 宮脇俊三氏の文庫を同時に読んでいるだけに、九州方面の寝台特急の話に感慨深いものがあった。

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 1巻

購入済み

乗り鉄見鉄

USA 2017年06月30日

鉄分の多い僕にとっては、凄く面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 1巻

Posted by ブクログ 2013年12月22日

 カレチ(旅客列車長)の主人公を中心に国鉄で働く人々を描く(レビューは全巻を通して)。

 仕事への愛、プライド、責任感。仕事をするとはどういうことかが伝わってきて、職業教育に非常に使える内容になっている。
 元々は鉄道のイラストレーターで43歳で漫画家デビューした池田邦彦さん。電車が好きというだけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 1巻

Posted by ブクログ 2013年11月17日

良くも悪くも、国鉄は「古かった」んだなと思う。
いいことばかりじゃなかったとは思うけれど、こんな伝え方があってもいいと思った。

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 5巻

Posted by ブクログ 2013年09月07日

おそらく国鉄最後の時期は、すべての職員が自分の働く国鉄だけでなくこの国に対して不信感、閉塞感、不安を抱きながら働いていたのだと思う。

ひたすらに誇りを持ってカレチとしての仕事に勤しみ、自分も成長してきた荻野だが、最後の最後になってひとつの大きな決心をする。しかしそこでの仕事は他と対立し自分の意思さ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カレチ 3巻

Posted by ブクログ 2013年01月07日

昭和40年代…特急の乗務で全国を駆け巡る新米カレチ荻野とその周りのたくさんの人々の仕事や生活、触れ合いを描きながら、プロの仕事とは何なのかを問う読み切りシリーズ。
1話1話がそれぞれ完結ものなので、独立で読んでも十分楽しめますが、やはり単行本で一気に読んでいくと荻野だけでなく周りの人たちの成長、また...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?