強力タッグが挑む、超本格裁判員制度漫画!! 裁きは、他人事ではない! ●『さばき、さばかれ』「被告と芝居をやってもいいスか?」舞台役者にかけられた殺人容疑。裁判員に指名された演出家・笛田(ふえた)は、己の職業独自の視点から真相に迫る! ●『もどり』舞台は沖縄。太平洋戦争の悲劇に囚われ、米国を恨む老人・源三(げんぞう)が、少女暴行殺人事件の裁判員に選任された。被告人は元米兵……憎しみに濁る源三の目は、真実を見極められるのか!?

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • アストライアの天秤 1巻
    完結
    通常版 1巻 540円(税込)
    強力タッグが挑む、超本格裁判員制度漫画!! 裁きは、他人事ではない! ●『さばき、さばかれ』「被告と芝居をやってもいいスか?」舞台役者にかけられた殺人容疑。裁判員に指名された演出家・笛田(ふえた...
  • アストライアの天秤 2巻
    完結
    通常版 2巻 540円(税込)
    『砕動風鬼』――3代続く判事の家に生まれた萩原(はぎわら)。自身も裁判官として真実を追い求めるが、裁判官であるがゆえの制約に限界を感じ、辞職の決意を固める。その萩原が最後に担当することになった裁...
  • アストライアの天秤 3巻
    完結
    通常版 3巻 540円(税込)
    裁判官・萩原(はぎわら)が“少年”に下す審判は、断罪か、少年法による慈悲か、それとも――!? 『砕動風鬼』編、完結!! 冤罪事件を起こして辞職した“ヤメ検”弁護士の夏海(なつみ)。画廊で起きた放火...

アストライアの天秤 1巻

Posted by ブクログ 2010年08月11日

直球過ぎていたたまれないというか恥ずかしい気持ちになってしまう場面も。もうすこし真綿にくるんでいただきたい。でも好き。

このレビューは参考になりましたか?

アストライアの天秤 3巻

Posted by ブクログ 2011年07月17日

裁判員制度での問題点よりも、結局は弁護士と検事の物語になってしまったような気がします。でも、それはそれとして面白かった作品なんだけど、人気は出にくいタイプの作品だから、ここで完結も仕方ないのかなぁ…まだまだ面白くなりそうだったのに残念ですね。

このレビューは参考になりましたか?

アストライアの天秤 2巻

Posted by ブクログ 2010年07月10日

少年法と裁判員制度、これってまだ続いてますよね、ここで補織り出されても困るなぁ…ここで終わりと言えば言えるんだけどねぇ…ちょっと無理矢理に能と絡め過ぎかもなぁ

このレビューは参考になりましたか?

アストライアの天秤 1巻

Posted by ブクログ 2010年07月03日

裁判員制度のマンガは他にもあるが、裁判員が必ずその犯罪と同様の犯罪に因縁があるというのは問題ありますよねぇ。盛り上げる為とはいえ、脚本に無理がありすぎ。と、天才脚本家に文句をつけてみたい

このレビューは参考になりましたか?