「アラクニド」から派生したもう一つの「蟲」同士の戦いがここに! 「組織」に飼い慣らされた「芋蟲」の孤独な戦いが始まる!!

ジャンル
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
ヤングガンガン
ページ数
196ページ
電子版発売日
2013年08月16日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • キャタピラー1巻
    完結
    通常版 1巻 616円(税込)
    「アラクニド」から派生したもう一つの「蟲」同士の戦いがここに! 「組織」に飼い慣らされた「芋蟲」の孤独な戦いが始まる!!
  • キャタピラー2巻
    完結
    通常版 2巻 616円(税込)
    姉の美香は孤児院の職員に殺されてしまう。現場を目撃した妹の美樹はその場にいた全員を惨殺する…。そして、病院で保護された美樹は「雀蜂」と出会う…。「芋蟲」の過去と「鳳蝶」には因縁があるのか? す...
  • キャタピラー3巻
    完結
    通常版 3巻 616円(税込)
    豪華客船で行われるパーティーに「鳳蝶」から招待された「芋蟲」と「華蟷螂」。罠だと知りつつ参加した二人だが、船内では「芋蟲」を標的とした「害蟲駆除」と呼ばれるゲームが行われてた。そして、次々と...
  • キャタピラー 4巻
    完結
    通常版 4巻 616円(税込)
    「芋蟲」たちは敵が持つ「黒い封書」を奪うため船内で激闘を繰り広げていた。「華蟷螂」は「ナナフシ」を倒し新たな封書をてに入れる。一方、集合場所が分からなくなってしまった「芋蟲」の前に「浮塵化」...
  • キャタピラー 5巻
    完結
    通常版 5巻 616円(税込)
    「害蟲駆除」の主催者「鳳蝶」の正体は過去に「芋蟲」が育った施設の園長、柳亜貴穂だった。しかし、未だ亜貴穂の存在に気づいていない「芋蟲」は船内で激闘を繰り広げていた。そして、「芋蟲」の前に現れ...
  • キャタピラー 6巻
    完結
    通常版 6巻 616円(税込)
    「兜蟲」と激闘を繰り広げている「芋蟲」…。そんな「兜蟲」の口から「害蟲駆除」の首謀者が柳亜貴穂であることを告げられるが…! 一方、「芋蟲」と合流するため行動している「華蟷螂」の前にかつて「華蟷...
  • キャタピラー 7巻
    完結
    通常版 7巻 616円(税込)
    「華蟷螂」と「樹肌蟷螂」の前に立ち塞がった、最強の害虫「針蟻」。「針蟻」の猛攻に危機を迎える「樹肌蟷螂」であったが、そこに現れたのは意外な人物だった…。一方、船内を彷徨う「芋蟲」は何故か気を失...
  • キャタピラー 8巻
    完結
    通常版 8巻 616円(税込)
    「兜蟲」の前に現れた「鍬形四人衆」。彼らは一人前の暗殺者となるため、「果樹園」で「兜蟲」に訓練という名の虐待をされてきたかつての教え子だった! 一方、「華蟷螂」と合流した「芋蟲」は、師匠の「...
  • キャタピラー 9巻
    完結
    通常版 9巻 627円(税込)
    「鍬形四人衆」を圧倒的な力でねじ伏せた「兜蟲」。しかし、敗れたはずの「姫鍬形」には別人格の「大鍬形」が潜んでいた。「兜蟲」の力をも凌ぐ「大鍬形」にはまだ見せていない秘密がある…。そして、最悪の...
  • キャタピラー 10巻
    完結
    通常版 10巻 627円(税込)
    「平鍬形」に追い詰められた「兜蟲」がついに最強の武器「闘神角」を手にする! 果たして勝負の行方は…。一方、「芋蟲」とは別ルートで「鳳蝶」の元に向かう師匠、岩峰は「蟲」OD(エントマ・オーダー)1...

キャタピラー 9巻

Posted by ブクログ 2017年04月11日

 虫の特性を利用した殺し屋同士の殺し合いな漫画。
 テラフォーマーズと限りなく似た特性な設定だが、この作品の殺し屋は、特に改造手術は受けていない。
 天性の素質と修業の賜物。
 まぁ9巻で、基本設定を説明するのもアレだけど。
 雑誌連載時に全部読んでいるので、読み直し感覚。
 カブトムシvs.クワガ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー 4巻

Posted by ブクログ 2014年12月02日

原作者も巻末で語ってますが本当に前作画の方とクオリティが同レベル位です。少し似せようとぎこちない部分はあるんですが…
確かに花蟷螂が一番気合い入れて描いてるように感じます笑
いやー、面白い。蟲の特徴出しまくりですがやはり単体で複数の同種の蟲を体現できるやつは蜘蛛しかり芋虫しかり、反則です。チートです...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー 4巻

Posted by ブクログ 2014年08月26日

原画が変わっての1作目。前原画の方が好みではあったけど、続きが読めるとは思っていなかったので、正直嬉しい。ストーリー的にも3巻が気になる所で終わっていたので、本当に良かった。ま~ナナフシさんも良かったが今回は花蟷螂さんが素敵でしたね。絵柄の変更については慣れていくだろうから、続きを楽しみにしておこう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー2巻

Posted by ブクログ 2013年03月26日

蜘蛛キター!  
リオックキター!  
蟲バトルじゃー!   
芋蟲の本当の敵はいったい誰なのか……?

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー1巻

Posted by ブクログ 2012年08月26日

その名は「芋蟲」。後退を知らない暗殺者。生存戦略の完成形。単純が故に柔軟。単純が故に強靱。 「アラクニド」の世界より約一年前、そんな彼女の物語が開幕する。

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー1巻

Posted by ブクログ 2013年10月01日

アラクニドの外伝ストーリー。主人公は女性というのは変わらないが、ほぼ一直線な性格で少年誌っぽい。内容は本編に負けず劣らず悪い奴はトコトコ悪い書き方。敵も勝てないかと思う程の強さ。
絵は荒く見えるが、筋が良い所為かツボは押さえてある。

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー2巻

Posted by ブクログ 2013年05月01日

まぁ感想として書くことはあんまり無いかな…アラクニドに登場する昔の人の繋がりが書かれています。
アラクニドはアリスを殺せばそれまでですが、キャタピラーはアラクニド一巻のような組織としての動きがみられます。

あとは芋虫の姉の謎とアゲハ鳳蝶の真相が気になる所
華蟷螂はまぁいいや、男の娘好きにぜひ、もう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー1巻

Posted by ブクログ 2012年09月05日

アラクニドから約一年前の世界として描かれています。最近分かった事があり、原作者である村田真哉さんも絵を描けると言う事でして、失礼ながら原作者は作画に全てを任せるものだとばかり思っていたので…だから作画が違っていても表情で伝わる人物を描けるんだと、妙に納得できたり。後退出来ない、力押しの蟲。いい主人公...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー1巻

Posted by ブクログ 2014年12月25日

虫の能力を持つ殺し屋集団。主人公は「芋虫」の能力を持つ女性。何故か他の殺し屋に狙われーの、戦闘モノ。

虫の能力の説明も面白くふむふむと思うが、テラフォーマーに被っちゃってるな。いやでも話の展開はこちらの方が楽しいのでは?こうご期待!

このレビューは参考になりましたか?

キャタピラー3巻

Posted by ブクログ 2014年05月17日

何か仲のよい蟲同士って感じ。重要ファクターはやはり花蟷螂なあの子。次の相手が出てきて完。

それ以上は触れないような…最近の絵は悪くなく何か上手くなりそうだったのに残念。あの台詞は言わない。

このレビューは参考になりましたか?