國破れて マッカーサー
作者名 :

1巻配信中

価格 1,388円 (税込)

アメリカによる「占領」は未だ終わらざる日本の惨敗物語だ。米政府の極秘資料をもとに、占領政策の欺瞞を暴き、日本人の変節を問う。平和と民主主義の代償として憲法第九条の中に埋葬された日本人の誇りを取り戻すために、いま明かされる「占領の真実」。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
608ページ
電子版発売日
2013年08月30日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

國破れて マッカーサー

Posted by ブクログ 2017年07月17日

マッカーサー統治下の日本占領に関する内容だったが、とても興味深い話だった。アメリカの占領政策は日本の平和が第一ではなく、日本人の誇りを奪って日本が再びアメリカに歯向かわない様に実行されたものだったことがよくわかった。
憲法、教育、安全保障、経済等は今でもアメリカの占領政策の影響を大きく受けているのだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

國破れて マッカーサー

Posted by ブクログ 2013年10月01日

「これが真実だったのか!」
戦後の占領下の日本を、アメリカの公文書を読み解くことで初めて明かされた真実の書。
日本を「平和洗脳教育」した過程がとてもよく解る。
全てを理解できたわけではないので、戦後の歴史の真実の教科書として更に読み返していきたい。
多くの、本当に多くの日本人に読んでもらいたい。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

國破れて マッカーサー

Posted by ブクログ 2015年05月24日

大東亜戦争の敗戦から、憲法の制定、朝鮮戦争、サンフランシスコ講話条約までの激動の歴史を、日本の政治家達とマッカーサーの関わりの中で描く。近衛文麿の逮捕を、彼がマックの望む憲法草案を作れなかったからだという推測は、かなり説得力がある。

このレビューは参考になりましたか?

國破れて マッカーサー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月01日

日本には、国破れた後も、山河は残っているだろうか?
国は亡びようとも、泰然とそこにあり続ける確固たる何かが、土地にも人の中にもあるはず。日本人にとってそれは何なのか。胸を張って言えるだろうか。

マッカーサーのミッションは、山河までブルドーザーで地ならしすることだった。

詩聖と呼ばれた杜甫の『春望...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?