人気番組のクイズ王が、喉を包丁で掻き切られ殺害された。ドSな美人刑事・黒井マヤは、相棒の代官山、ドMなキャリア刑事の浜田とともに捜査を始め、もう一人のクイズ王・阿南の元部下、伊勢谷を容疑者として絞り込む。しかし彼女は同様の手口で殺害された母親を残し失踪。その自宅には「悪魔払い」を信仰するカルト教団の祭壇があった――。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2013年08月16日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2016年12月16日

新キャラである浜田さんの魅力から
抜け出せなくなってしまった。
殺され方とかが前回よりもグロくて、
うっ、となったけど、
その度に浜田さんで癒された。

報われなさを感じて、すごく切なくなった。

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2015年03月07日

ドS刑事シリーズ第2弾。今回は猟奇殺人+基地外ネタが合わさってさらに悪趣味。美人刑事黒井マヤのモラルレスっぷりも相変わらず。あと、黒井マヤの名前って「エコエコアザラク」の黒井ミサが元ネタかな。

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2013年11月11日

さすがマヤww
今回痛い描写多いな~…浜田君とかゆー不死身のキモい新キャラも登場。
笑い+ミステリーとゆう感じであたしは結構好きだな。
今回は前作よりもハラハラドキドキ感があって○(´∀`)b
自作も出てるみたいだけど文庫化されるのいつかな~☆
楽しみ~(´∀`)

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2013年08月18日

2冊目にしてかなりホラーちっくになった。殺人のシーンはかなりえぐいので注意が必要。1冊目ではあまりSな感じではなかったですが、今回は結構Sらしさを発揮してます。クイズもストーリーに絡んでますし、色んな意味で作者の味が出ている作品かと思います。

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2013年08月10日

サブタイトル、なるほど!!サブタイトルの付け方うまいなぁー。浜田刑事、、、こんな展開に!!3巻目、文庫になるの待つつもりだったけど、発売されたばかりの単行本買ってしまいそう。マヤのルーツがあかされるらしい、これはやっぱり早く読みたいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2018年07月12日



シリーズ二作目。
今回は浜松署の代官山が、ドS刑事マヤの管轄、警視庁へ出向。
新たな新キャラ、ドMのキャリア刑事浜田が登場。
女の嫉妬による殺人、波及伝播する殺意。
構成的には、前作と同じ。
シリーズ化すると、ダレてくるからな。
次作はどうか。

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2017年10月18日

読みやすかった。
クビを切り裂く連続殺人事件を追うお話。
今回はモンスターどころじゃない頭のおかしい女が次々登場。
それにしても・・・浜田キャリア刑事すごすぎ。
最後の解説に中山七里氏登場でビックリ。
今作もグングン一気読みできる一冊でした。
おススメ。

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2017年04月11日

ドS刑事シリーズ2作目。
第1作目よりもパワーアップした黒井マヤが帰ってきた。
拳銃を手にした犯人を相手に罵倒三昧。
けっして説得して投降させようとか、隙をみて逮捕しようとか、刑事らしい気持ちは欠片もない。
代官山が目の前で撃たれそうになっても、マヤの攻撃の手は緩まない。
犯人の全人格、全人生を否定...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2017年04月01日

ワカマツカオリさんの絵が好きで手にしたら、スプラッター系が苦手な人間にとって、想像力が苦痛でした(泣)謎と緊張感が最後まで仕掛けてあって、話は読みたい、でもこの血とか汚物とか痛いのとか嫌ーーー(泣)(泣)(泣)と。でも読むのは止められない。うん、ドSだ。

このレビューは参考になりましたか?

ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件

Posted by ブクログ 2017年02月12日

1作目ほどのひねりはない
トリックはやや複雑だけど、穴多し
人の推理を推理するという変わった設定や、悪趣味な登場人物はそのままに2作目

このレビューは参考になりましたか?